【日常】 佐原旅行

挙式終わって約一ヶ月。

いろいろと落ち着いてきたので、嫁の実家へ挨拶まわりに行ってきた。

向かうは千葉県、佐原・銚子方面!

 

 

 

 

途中の電車の中。

剃り残していたヒゲが気になって、

がんばって抜こうとしていた俺。

 

 

そんな俺をSNOWで弄ぶ嫁。

 

 

 

 

 

 

 

いや、もうヒゲ剃り残しってレベルじゃないw

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな部族でもヒゲの手入れは大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

電車の中で化粧するギャルはよく見るけど、ヒゲの手入れまでは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの名高き孔明もヒゲを気にする・・・

いや、もっと目立つヒゲあるでしょw

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒゲより前にツッコミどころがあり過ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってな感じで、まずは銚子へ。

親戚あいさつ周りスタート!

 

 

 

 

 

銚子で食べた冷やしラムネあんぱん

 

銚子でごちそうになった冷やしラムネあんぱん

見よ!この鮮やかな青色のあんを!

ただよう香りもラムネのあの爽やかなアレそのまんまなのだ!

 

最初は変り種のネタ商品かと思ったら、これがまぁ美味しいこと。

ホイップクリームとラムネの組み合わせがクリームソーダチックで、パン生地との相性もバツグン。

近所のパン屋さんで一日数個しか作らないというレアものらしい。

マジでうまい!

近所にこのパン屋さんほしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンレトリバーのアトム

 

嫁の実家にいるゴールデンレトリバーのアトム。

嫁が帰省すると大暴れで興奮し、スリッパを咥えながらあっち行ったりこっち行ったりするw

つぶらな瞳のカワイイやつだ!

お座りを命じるとこっちにケツを向けて座るという、ユーモアセンスも頼もしいワンコ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

佐原の山田うなぎ別館

 

そしてお義父さんお義母さんに連れていってもらった、山田別館

 

 

うなぎ屋さんとして全国的にも有名店で、駐車場には県外ナンバーの車がズラリ!

開店前から毎日大行列になるようなお店なのだ!→食べログ 山田別館

こんな高級店でお食事だなんて・・・

もう感無量です私。

 

 

この日も17時半開店だったにも関わらず、店内は一気に人で溢れて18時過ぎには品切れ閉店。

な、なんたる狭き門なのだ(汗)

恐るべし山田別館。

 

 

メニュー表にはうな重特上5300円の文字が

 

メニュー表。

価格帯がすごいことになっている。

 

 

 

 

 

 

特上の鰻重

 

そんな中でごちそうになった特上鰻重!

わぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーい!!!

 

 

 

 

 

佐原玉造の山田うなぎの特上鰻重

 

輝いてる!

輝いてるよ、このウナギっ!!(←落ち着け)

 

 

 

身は口の中に運ぶとあっという間に溶けていく!

よく食レポで「歯がいらない」なんて表現聞くけど、まさにコレがソレ。

口の中で溶けていく感覚がたまんないんだけど、そんなに早くならないでと願うジレンマ(笑)

身はふんわり、皮はこんがり香ばしく。

材料にも、焼き方にも、一流の仕事を感じる鰻重。

写真で思い返すだけでヨダレが溢れる逸品でございました。

 

ごちそうさまでした!

ありがとうお義父さんお義母さん!!

 

 

 

 

 

 

熱海・伊豆旅行から続けて良いもの食べ過ぎですな。

最近急に食生活がリア充になった(笑)

 

胃と舌が贅沢覚えすぎてもアレなんで、

しばらく自重して質素に生きることにしようっとヾ(´ε`;)