【日常】 意外に知らない、Google検索窓のいろんな使い方

google検索窓の色んな使い方

もはや知らない人はいない、Google

 

 

13年ぐらい前に自分がサラリーマンだった時代、新人研修のWeb講師とか務めてたんだけど、

たしかそのとき新人達に「Googleって知ってるー?」と聞いたら、3分の1も知らなかった記憶がある。

まだその当時はYahoo全盛期で、インターネットと言えばYahoo一択だった。

時代も変わるもんだねぇ。

 

 

 

知らないことは何でも教えてくれるGoogle。

ときには彼はGoogle先生と呼ばれ、

Googleで検索することを意味する「ググる」という動詞は、現代用語の基礎知識にも掲載され市民権を獲得。

知らないことを何でも人に聞こうとする人は「ググれカス」と罵られる文化に。

もう我々の生活は、Googleなしでは考えられないものになっている。

 

 

 

 

 

でもね、

 

Google先生の実力はまだまだこんなものではないのだよ!

 

 

 

 

 

 

こないだ飲み屋でワリカンしたときに幹事が電卓アプリで計算しているのを見て気付いたのよ。

「あ、意外にGoogle検索窓の機能って知られてない」と!

ここでちょいとGoogle豆知識を披露しちゃうぜ!

どーでもいい機能も多いけど、便利な機能はホント便利だから、ぜひ気にしてみて!

 

 

 

 

 

 

~意外に知らない、Google検索窓のいろんな使い方~

 

 

 

1.電卓機能

Google電卓機能

検索窓に数式を入れて検索すれば、このように答えが出る!

さらに電卓まで起動!

日常的な検索式ならこれでじゅうぶんですな。

ちなみに「^」とか使うと指数の計算までできちゃう。

使うかどうかは別として。

 

 

 

2.天気予報

グーグル天気予報

「天気」と入れてググれば、端末に記録されている現在地の天気を表示!

時間おきに天気の変化が表示されて気温もわかる。

その日の最高気温と最低気温もちゃーんとフォロー。

10日後までの天気予報も表示される!

 

 

 

 

3.単位換算

単位計算

単位を入力すると、このように単位換算機能が。

メートルだったり、インチだったり、尺だったり、海里だったり、あらゆる単位換算が可能。

「長さ」って出てるところを変更すれば「重さ」や「面積」などの単位も調べることができる!

 

 

 

 

 

4.A地点からB地点までの距離と移動手段

検索窓で距離

「浅草駅 桜木町駅 距離」というふうに入力すると、

その2つの地点が何Km離れているのか、車や電車やタクシーや徒歩でかかる時間、

電車やタクシーに関しては料金の目安まで出てくる!

Yahoo路線検索のようにいろんな候補は出してくれないのがアレだけど、

タクシー料金や徒歩でかかる時間の目安を出してくれるのは便利!

 

ただし、駅を調べるときは「浅草」ではなく「浅草駅」のように入力しないと、

「浅草という漠然とした住所」で距離を測られてしまって、おかしな結果が表示されちゃうので注意っ!

 

 

終電

応用として、このように「終電」を調べることも。

もちろん「始発」も同様に調べられる。

 

 

 

 

 

5.翻訳機能

翻訳

単語と言語の種類を続けて入力すると、このように翻訳画面に。

英語はもちろん、画像のようにスワヒリ語とか馴染みがない言語だって翻訳可能!

 

 

 

 

 

6.ホテル検索

ホテル

「ホテル」と入力すると、端末に設定された現在地に近いホテルを表示!

特価、安価、高評価、高級、などの順番に並び変えることも可能。

精度はお世辞にも高くないかもしれないけど、いちおうこんな機能もある。

 

 

 

 

7.ニュース

ニュース

「ニュース」と入れれば、ニュースが表示される!

上の方にあるタブでジャンルを選ぶことができるので、本日の主要ニュースのチェックは完璧。

 

 

 

 

 

8.映画

映画検索

「映画 渋谷」のように映画と地名を入力すると、いま付近の映画館で上映している作品がズラリ!

 

 

映画検索

さらに「映画」と作品タイトルを入力した場合は、映画の概要や上映時間、キャストなどが表示!

端末に登録されている位置情報から、近い映画館とその上映時間も教えてくれる!

 

 

 

 

9.サイト内の検索

螺旋と蜘蛛

「site:サイトURL」+「検索したいワード」を入力することで

そのサイトの中だけで検索を行うことが可能。

nakanishi-hiroshi.same64っていうのはこのブログのURLなんだけど、

画像のように「site:nakanishi-hiroshi.same64 螺旋の蜘蛛」という風に調べると

このブログ内の螺旋と蜘蛛に関するページのみが検索結果に表示される。

 

 

 

 

10.時期を絞って検索

「年号」+「..」+「年号」という入力をすると、その期間中の情報だけを抽出することが可能!

画像の例だと佐藤浩市さんの2000年~2010年のあいだの情報だけが出てくる。

特定時期の情報だけがほしいときは便利!

 

 

 

 

 

11.マイナス検索

マイナス検索

デパートの松屋の情報を調べたいから「松屋」って検索したのに、

牛めしチェーン店の情報がいっぱい出てきてしまって調べ物がしにくい!

そんなときは「松屋 -牛めし」と入れてみよう!

「-」をつけたワードを除外して検索してくれるので、

「牛めし」に関係がない「松屋」の情報だけを結果に出してくれる!

 

これあんまり知られてないけど、知ってるとマジで便利っす。

「松井 -秀喜」と入れれば「松井秀樹以外の松井さん」を調べられるし、

「劇王 2017」と入れれば「今年以外の劇王」の情報が調べられる。

 

 

 

 

 

ほかにもいろいろ機能あるけど、一般的に使いそうなのはこれぐらいかな?

たぶんこれからもどんどん増えていくと思われる。

技術ってやつはすごいですな。

 

活用してみてけれ!