【演劇】 「螺旋と蜘蛛」の稽古も着々と

螺旋と蜘蛛、KAAT小中スタジオでの舞台組み

 

4月13日から本番の「螺旋と蜘蛛」も着々と進んでるよ!

 

写真はKAAT内の別スタジオを借り切ってのセット組み。

螺旋階段をイメージした舞台装置になってる。

イカす!

 

 

あ、「イカす」って言葉、最近は本当に耳にしなくなったね。

自分が子供の頃からすでに死語扱いだったけど、ちょこちょことは使われてた気がするのに。

さすがに完全に絶滅してしまったのか。

なんてこった!

 

 

まぁ、「イカす」についてはどうでもよくて。

 

 

毎年KAAT公演で恵まれているのは稽古環境だね。

REMINDのときも、今回同様に本番と同じセットを稽古で試させてもらったし、

最上階のアトリエ部屋は広くてキレイでカウンタースペースまでついて、至れり尽くせり。

ありがたいこっちゃです。

 

 

 

 

 

螺旋と蜘蛛のセットの上でたそがれる笹浦暢大

 

舞台セットの上で遠い目をする演出家・笹浦。

 

差し込む夕日を見ながら、仕事のことや家庭のこと、公共料金の振込みや、パチンコ、今日の晩ごはん、次に観るアニメetc…を考えているのであろう。

忙しい職業だ、演出家!

 

 

スケジュール的にもそろそろ追い込みの時期。

螺旋と蜘蛛、しっかり作っていくぜぃ!