【演劇】 パンクドランカー終演しました

神奈川県演劇連盟プロデュース『パンクドランカー』、

無事に全日程を終えました。

ご来場のお客様、関わってくれたスタッフ・キャストに感謝。

本当にありがとうございました!

 

非常にお客様からの評判が良く、

演じているこちらにとっても充実感のある公演でした。

 

「パンクって何?」

パンクバンドのお話をする以上、必ず考えなければいけない部分でした。

パンクの意味を調べると、反社会的・反権力的な思想だとか、

青二才、ちんぴら、みたいな単語が出てきます。

「パンク」って、けっこうフワフワしたワードなんですよね。

 

自分が最終的に導き出した結論は、

「パンクに定義なんてない」です。

(まぁ、劇中のセリフそのまんまなんですが)

 

パンクとは、社会的であろうが、反社会的であろうが、

保守的であろうが、奔放的であろうが、

その内容に関係ない、人それぞれの生き様なんじゃないかと。

つまりは何でもいいってことです。

 

その定義のあいまいさがあるからこそ、

今回のバンド解散、苦悩と葛藤、決意、再結成というドラマは

観ている側に多種多様な解釈の幅を与え、

その心を動かすことができたんじゃないかと思ってます。

 

観ていただいたお客さんに、

少しでも「よし、自分もがんばっていこう」という感情を

芽生えさせることができていたら幸いです。

 

動画は劇中のライブシーン。

こうやって振り返ると、歌も演奏も本当にヘタクソだな(苦笑)。

でもサビの歌詞は大好きです。

 

『誰もが心の中に持っている
誰もが頭の中に持っている
誰もが握った拳持っている
みんな、そいつの使い方を知らないだけなんだ』

 

ご来場、本当にありがとうございました。