【演劇】 公演用のホームページ(LP)はぺライチなら無料で2時間レベルで作れちゃう件

ペライチ

 

ぺライチってサービスがずーっと気になってたので、今回さわってみた!

軽く紹介するよ!!

 

 

さて、ぺライチ。

これはどういうものかというと、

一言で言えば「ホームページが作れる」サービスで、

HTMLなんか知らなくてもパズルのパーツをくっつけたり離したりするような感覚で

誰でも直感的にHPをイチから完成させることができちゃいます。

 

 

 

まず大きいのは無料プランがあること。

無料プランっていうと、サービスによっては広告表示がうっとおしいけど、

ぺライチだとページの一番下にこれが表示されるだけ。

ぺライチ

HPデザインの邪魔をすることは全くないので全然気にならないっす。

 

で、無料プランだと、headタグの編集やHTML挿入などの自由がないけど、

これはHPの知識があっていろいろ凝った機能を埋め込みたいって人以外には無縁な話。

たしかに出来れば嬉しいんだけど、特に問題はなーし!!

 

あと表示回数が月間1万回までって制約は決められてるけど、

1万回表示されたからといってHPが見えなくなってしまうわけではなく、あくまで目安だそうで。

あまりにアクセス数が超過している場合は運営が判断して警告をしてくることもあるらしいけどね。

逆にそこまでアクセス稼げているなら有料プランに移行しても

十分にペイできるんじゃないかと。

 

 

 

 

で、実際に作ってみたのがこれ。

去年のラクリーメ・ロッセの読書会の公演情報を使って作成してみた。

あ、これはあくまで非公式ページです。

もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡の公式ページではないのであしからず。

 

ラクリーメロッセの読書会

→ラクリーメ・ロッセの読書会

 

 

 

 

 

けっこうキレイじゃない?

LP(ランディングページ)型で流行のフラットデザイン。

 

※LP(ランディング・ページ)・・・
お客さんの着地点になるページ、つまりお客さんに見せるページ。
それをいったらホームページは全てLPじゃんってことになってしまうのだが、
一般的にはLPは、縦長の1ページ完結型のサイトで、
画面スクロールに合わせて情報を順番に提示していくことでお客さんの購買意欲を高める狙いがある。
健康食品のページとか、オシャレなデザイン会社のページはこういうのが多い。

※フラットデザイン・・・
一昔前は陰影を多用した立体的なデザインが流行であったが、
それを排除した、平面的でシンプルなデザインのこと。
文字数も最小限に抑え、逆にオシャレで整った印象を与える。
Windows8のデスクトップなんかがまさにフラットデザイン。

 

 

 

このホームページ、2時間レベルの作業でできちゃってたりして。

ぺライチ、すげぇって純粋に思っちゃった。

本当に知識なんて全くいらない。

必要なのはパズル的なセンスのみ。

 

pe

 

実際にホームページを作成中の画面。

エメラルドグリーンの枠線がそれぞれひとつのパーツになってる。

まずパーツの並びのパターンをサンプルの中から選び、

それから各パーツに写真や文章を埋め込んでいくイメージ。

 

この「CAST」の部分は、飲食店HPの料理メニューのパーツをいじくって、キャスト紹介用に変えてみた。

料理写真を役者の顔写真に変え、

料理名を配役名に、

料理の解説を役の紹介に、

値段の部分を演じる役者名に変えただけ。

ぱぱっとやったわりには、それなりにスッキリと出来上がっていると思う!

 

 

 

おそるべしぺライチ!!!

誰でも特設ページを当たり前に持てる時代になったYO!

私たちお金がない演劇人達にとっては非常にありがたいサービスなのではないでしょーか?

活用していきましょー!!