【演劇】 消失という物語

ドラマや漫画では
「来世でも必ず巡り合って一緒になろうね」とか
「生まれ変わったら次こそは真っ当な人生を…ガクッ」とか
そういうセリフが多いよね。

突然だけど、ふと考えてみる。
もしこの世に「生まれ変わり」があるとしたら。

まず人間として死んだからって次また人間になれる保証はないと思うのよ。
ヒト科、哺乳類、鳥類みたいな区分は人間の都合で作ったもんだし、
「何らかの生き物として生まれ変わる」と考えたほうが自然。

そうなると問題になるのは人間になれる確率だよね。
人間はいま地球に70億いるわけだけど、
哺乳類・鳥類やらも相当の数がいるわけで。
魚類や昆虫系は多分とんでもない数。
プランクトンとかは想像もつかないよね。

しかしもっとすごいのは細菌類。
細菌は人間の爪1グラムに4000万匹いるっていうから、
地球レベルだったら一体どんだけの数がいることやら。
もう無量大数でも表せないのでは?

いやー、キツイね。(;´д`)

何をどうあがいても次の人生はまず細菌類だね。
ピロリ菌だね。
運がよくてビフィズズ菌だね。
人生楽しむどころか自我さえなさそう(涙)

しかも何かの間違いで細菌類以外の生き物になれても微妙ー。

例えば魚類。
魚類の生殖行為って卵に精子かけるだけ。
人間で言えば1人でヤッてエロ本にぶっかける中学生となんら変わらんw
一世一代ロマンを懸けた生殖行為がそれってアンタ。
そんなの嫌じゃー!! (/;Д;)/

サメは唯一交尾する魚だけど、
ホオジロザメなんかは親の体内で孵化した瞬間に
いきなり50の兄弟と共食いをして勝ち残らなければいけないという
まるで「魁!男闘呼塾!」みたいなことを強いられる。
そんなの嫌じゃー!! (/;Д;)/

カマキリは交尾したあとメスにムシャムシャ食われちゃうし、
ハリガネムシに寄生されたら怖すぎるし。
そんなの嫌じゃー!! (/;Д;)/
(※「ハリガネムシ 動画」でググるともれなく後悔します)

哺乳類もなぁ、山の中とか住みたくないなぁ。
野生動物にマダニがびっしりくっついてる画像見たことあるしなぁ。
そんなの嫌じゃー!! (/;Д;)/
(※「マダニ 閲覧注意」でググるともれなく後悔します)

いやー、生まれ変わるのも楽じゃないね。
年末ジャンボ宝くじ100万回連発で当てるぐらいの確率を潜り抜けないと人間になれねぇ(汗)

そう考えるといま人間になれている自分達は
スーパーラッキーボーイ&スーパーラッキーガールだね!
なんか10個や20個の嫌な出来事を気にして落ち込むのがバカらしいw
だってすでに宝くじ100万回連発当選して
人間になれているんだもの。
しかも現代の日本というそれなりに裕福で自由がある場所で。

100万1回目がハズレたからって無駄に凹むな!
すでにおまえらスーパーラッキーパーソンだっ!!

細かい事考えずに人生エンジョイ&エキサイティング!



というわけで、
僕は人生エンジョイするために6月に舞台やります。
そう、ここまでの文章は告知の前置きです、あしからず。

かの奇才、ケラリーノさんの台本の上演許可を頂きました。
男女6人の会話劇です。
ナンセンスコメディ、ってジャンルになるのかな?
でも胸がキューッてなるお話です。

演出に「俺の言うこと聞かない曲者を集めた」と言われました。
非常に心外ですが頑張ります。(´・ω・`)

== 公演詳細 ============
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡プロデュース
『消失』

脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:笹浦暢大

出演:
東亨司、石井隆平、中西浩、田原慎太郎、伊藤南咲、三森伸子

公演日程:
6月13日(木)19:00
6月14日(金)19:00
6月15日(土)14:00/19:00
6月16日(日)14:00

会場:
相鉄本多劇場(横浜ムービル3F)

チケット:
前売 3,000円
当日 3,200円
学生 1,000円

========================

ご興味あれば是非ー。
携帯メール・フェイスブックなどで
メッセージお待ちしております。

よろしくです(´・ω・`)