【演劇】 Oi-SCALEプロデュース『オムニバス of Oi Oi vol4』

Oi-SCALEプロデュース『オムニバス of Oi Oi vol4』

 

以前 『カラー・トラップ』 で共演した片倉裕介さんの芝居観て来た。

Oi-SCALEプロデュース『オムニバス of Oi Oi vol4』

@サイスタジオコモネ 5月12日(月)~18日(日)

 

それぞれの脚本家が好きな映画を題材にして書いた短編集。

去年演ってた『武器と羽根』も素晴らしかったので期待して足を運んだが、

やっぱり期待を裏切られることはなかったヾ(゚∀゚`*)ノ゙

 

どの作品も抽象的でありながらもどこか具象的で、

社会的なメッセージ性が強いにも関わらずそれが押し付けがましくなく、

こちらの心を心地良くぐわんぐわん揺さぶってくる。

特に「2つの世界」、「前提」という作品は終始前のめりになって見てしまった。

 

「2つの世界」はシンプルながらも深い、深過ぎ。感服。

別の世界へ逃げる者と向かう者、・・・ぬぅ。

「前提」の林灰二氏のあの独特の空気の紡ぎ方はいったい何なんだろうね。

虚構と現実の境目をあそこまで曖昧に仕立て上げる(良い意味で)、その能力は驚異的。

あー、自分が持ってない能力を持ってる人には本当に夢中になる。

得るモノがいっぱいあった時間を過ごせた日の夜は清々しいね。

 

さて、寝る前にもう一杯飲もう。

乾杯。