【A3!】 第1回 リアル役者がイケメン役者育成ゲームをやってみる

 

ここ最近やってみたいゲームがある。

 

 

 

 

 

そう、ドラクエ。

最新作出たばっかりだしね、

まわりの同じ世代の人たちはみんな買ってるし。

ああいう懐古心あふれるゲームって、大人になってもハマるよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

NO!

 

ドラクエではない!

 

 

 

いや、ドラクエもやりたいんだけどさ。

評判いいし。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺がいま一番興味を持っているゲームはこれだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

エースリー

 

 

イケメン役者育成ゲーム「A3!(エースリー)」

 

 

 

 

 

 

 

最近テレビCMでよく流れてるよね。

 

 

この日のために、

この舞台のために、

がんばってきたんだ。

 

この小劇場から

すーべてが始まーるね!(外人口調)

 

 

 

ってやつ。

 

 

 

 

 

 

そりゃあ興味持つYO!

 

おれ小劇場の役者だもの!

小劇場の役者育成して公演成功させるゲームって、

そりゃあ惹かれないわけがない。

 

 

 

 

どんなゲームか気になってしかたないので、早速手を出してみたよ!

ちょちょいと画像載せながら紹介していくぜ!

 

 

なお、ゲームのスクリーンキャプチャは運営元に連絡して、使用して問題ないと確認済み。

キャプチャ掲載NGの会社も多い中で気前がいいです、リベル・エンタテインメントさん。

あざーーーっす!

(ただし商用利用とかストーリー全てがわかってしまうような大量画像は遠慮してくれとのこと)

 

 

 

 

 

 

 

さて、ゲーム開始!

 

 

 

 

 

まずは自分の名前を入力するよ!

このゲームの主人公は女性なのでもちろん、

 

 

 

 

 

名前は浩美で決定。

 

最初はとくに名前にあてがなかったので、

嫁の名前や、嫁のお母さんの名前を使おうか一瞬迷ったけど、

プレイ中に非常にビミョーな気持ちになりそうなのでやめておいたよ!

 

 

 

しかし女性の名前でプレイするのってむずがゆい。

だってゲーム中の男性キャラは俺のことを女性として扱ってくるわけでしょ?

ネカマになって人を欺いている気分だわ(笑)

 

 

 

 

 

ストーリー開始。

 

 

 

 

とある大舞台の千秋楽の開演直前。

袖で良い緊張感に包まれる役者達と主人公。

 

 

 

 

 

 

ここまでいろいろあったけど、ついにこの大舞台にやってきたね!

さぁ、俺達の冒険はこれからだ!

みたいなノリ。

 

 

で、ここから数年前に戻り、

ゲームが始まるわけです。

「ここまでいろいろあった」をがんばってプレイしていくわけですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、突然、知らない劇場の支配人からの手紙をもらった主人公・浩美。

 

手紙は「劇場に来てほしい」という内容。

劇場を目指しまーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

( ´゚ω゚)・;’.、ブッ

 

 

いきなりお茶吹いた。

不意打ち過ぎるぞビロードウェイ

言葉の破壊力というのは本当にあなどれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

劇場につく浩美。

 

MANKAI劇場ってのもツッコミたくなる名前だけど、

シアターKASSAIだと思えば気にならなくなる。

なんとなくニュアンスは同じ、たぶん(←馬鹿)。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここで怒涛の展開!

 

インテリヤクザが現れて借金の取立て!

ショベルカーで劇場を破壊しようとしてる!!!

嘆く劇場支配人!

 

 

 

 

 

 

 

 

浩美が仲介に入り、とりあえずショベルカーにはストップいただいて。

 

しかしこのインテリヤクザは非情。

借金は1000万、劇団員が1人とインコが1匹しかいないこんな劇団の劇場は

一刻も早く看板を外して潰してしまえと迫ってきます。

 

まぁ、おっしゃるとおりです。

ごもっとも。

 

 

 

 

でも、なんと救済の条件を出して頂きました!!

 

 

 

 

本日の夕暮れまでに新規劇団員を2名入れれば、

とりあえず今日のところは勘弁してやるとのこと!

 

数時間で劇団に新人2名も入れるって、かなり厳しい!

勧誘という名の誘拐でもしないとムリっすよ!

 

 

 

どーすればいいんだ!!!

 

 

 

 

 

 

と、嘆いていたら。

 

 

 

 

 

 

 

10連ガシャ回していいってさ。

 

 

がんばって2人確保せねばと思った瞬間、

無条件で10人確保できるという優遇。

 

ありがとう!

10人いれば劇団として立派に成立だYO!

 

 

 

 

 

10連ガシャ画面。

なんか豪華なステージでオーディションみたいなことしてる。

金持ってんな、この劇団(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりSRのガイジンきたーーーーー!

 

団員1人しかいなくて潰れる寸前の劇団に

まさかの海外のイケメン俳優が加入。

もう間違いなくこの劇団は安泰です。

 

 

 

 

 

 

 

2人目は髪型2色のイケメンジャージ男。

テニミュとかにいそうですな。

 

これからよろしくね!

でもまず名前の読み仮名を教えてくれ!(汗)

 

 

 

 

 

 

 

3人目はキムタク系イケメンの矢野くん。

役者っていうより、IT企業のリーダークラスっぽい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4人目、佐久間くん。

 

紹介してなかったけど、彼がいま所属しているたった一人の劇団員。

つまり被ったってことですな。

現実世界でいうなら同姓同名のドッペルゲンガー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5人目は茅ヶ崎くん!

 

名前が茅ヶ崎でイケメンってだけで、

サーフィンやってんじゃないかと俺は偏見を持っているぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

6人目、壷男。

 

どうして、どうしてこうなった。

いったい何があった。

理由を説明してくれ。

 

 

 

 

 

 

 

7人目、皆木くん。

 

正統派の短髪イケメンですな。

いまんとこ一番性格良さそうで、一番常識ありそうに見える。

舞台役者、常識大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

8人目、七尾くん!

 

おおっSSRだと!!

SSRがなんの略かは知らない。

たぶん「シークレット・スーパー・レア」あたりだと思う。

 

演劇人で横乗り系やる人ってあんまり聞かないね。

舞台本番抱えてるとケガ怖いもんなぁ。

 

 

 

 

 

9人目、御影くん。

 

クール系のイケメンかな。

でも服装は派手でおシャレやね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10人目、古市くん!

 

インテリ系でメガネが似合う男前。

シンプルなポロシャツが逆にオシャちょっと待て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No、No、No、

おちつけ俺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ありのまま…、いま起こったことを話すぜ。

 

「おれは 奴に借金を請求されていたと

思ったら いつのまにか奴は劇団員になっていた」

 

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった

頭がどうにかなりそうだった…

 

 

 

 

 

 

 

WHY!?

だれかTELL ME WHY!

 

 

 

つづく