『劇王神奈川Ⅳ』

劇王2016 劇王2015

 

【劇王とは】
劇王とは、「Jr.ライト級チャンピオンタイトルマッチ劇王」として、
主催の愛知県長久手市とプロデュースを担当した日本劇作家協会東海支部が、
2003年より10年にわたり育てあげた短編演劇コンテスト。
観客と審査員の投票によって勝敗が決められる。
2013年2月、その10周年を記念して開催された「劇王X ~天下統一大会~」には、
北海道から九州まで全国各地のチャンピオンが集結。
歴代劇王たちも参戦し一大決戦が繰り広げられた。
そこで第4代劇王、柴幸男氏(ままごと)が優勝。
演劇の天下人「劇天」の称号を勝ち取った。
これをもって長久手での開催は一旦休止となったが、「劇王」は日本各地に飛び火し独自に開催されている。
2015年2月、KAAT神奈川芸術劇場にて、神奈川県主催のもとに新たなる天下統一大会が開催された。

 

【劇王ルール】
○上演時間20分以内
○役者は3名以内
○数分で転換できる置き道具
○基本舞台は4間×4間(平台ベタ置き)

 

【審査方法】
○観客と審査員の投票による。
○観客票は1票
○審査員票は各公演の入場者数÷審査員の人数
(例:入場者数100人、審査員4名の場合、100÷4=25が審査員の持ち点となる。)

 

【会場】
神奈川県青少年センター多目的プラザ

 

【タイムスケジュール】
15日(木)~18日(日)
予選Aブロック 15日(木)19時~
予選Bブロック 16日(金)19時~
予選Cブロック 17日(土)13時~
予選Dブロック 17日(土)19時~
決勝戦     18日(日)14時~

Aブロック 15日(木)19時~
キャットウォーク、劇団駄菓子屋ぶーとん、ナオサク企画

Bブロック 16日(金)19時~
劇団みつどもえ、いきずり、ワタリダロケット、21g座

Cブロック 17日(土)13時~
劇団超ダッシ、演劇企画集団 Y3(ワイキューブ)、チリアクターズ、モーガン・フリーマン

Dブロック 17日(土)19時~
虹の素、劇団スクランブル、ENTIME’S、劇団820製作所

決勝戦   18日(日)14時~
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡、ABCDブロック勝者

 

【結果】
Aブロック勝者: 駄菓子屋ぶーとん『トイレの○子さん』
Bブロック勝者: いきずり『あほな砂場』
Cブロック勝者: チリアクターズ『さわれるタイプ』
Dブロック勝者: 劇団820製作所『世界』
決勝ブロック勝者: もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡『ピアノのある部屋』

 

終了しました。ご来場ありがとうございました。

 

≪≪ 神奈川県演劇連盟プロデュース『ジレンマが嗤う』

IQ5000『IQ5000フェス』 ≫≫

 

→戻る