【演劇】 畑中ハルというオトコ

畑中ハル

 

パンクドランカーを担う熱いオトコの一人、畑中ハル

 

 

 

 

初演からマサトを演じていたハルくん。

初演のパンクドランカーが終わってから、一番「もう一度やりたい」と声を上げていたのが彼だった。

もしかしたら彼の熱意がなかったら、今回の再演実行委員会も腰が重かったかもしれない。

 

 

もちろん、初演メンバーはみんなこの作品が大好き。

でも彼の熱意は他とは違う、なんか「愛」みたいなものが見えるのだ。

劇中のバクのセリフに「俺が一番パンチドランカー覚えてんだよ!」っていうのがあるけど、ハルくんこそ舞台パンチドランカーを一番覚えていたオトコなのかもしれない。

 

 

 

 

イスに座る畑中ハル

 

イケメンで普段物静かなんだけどお茶目。

一見すると一匹狼でいるのが好きなのかなと思いがちが雰囲気もあるんだけど、実際はめちゃめちゃさびしがり屋で、みんなと一緒にいたがり屋(笑)

 

 

 

 

 

 

パンクドランカーのマサト役の二人、畑中ハルと山田拓未

 

畑中ハル & 山田拓未。

黒組と白組、両方のマサトのツーショット。

こうやってみると、ちょっと顔の作り似てる??

 

 

 

 

 

 

佇むイケメン

 

イケメンタイムのハル君。

 

こんなにクールそうなオトコが、本番直前にテンション上がりすぎてリポD気管に詰まらせてバックヤードに全ぶちまけやってるんだから面白いよね(笑)

ギャップって大事。

 

 

 

 

 

ギターを弾く畑中ハル

 

ライブシーンのハルくん。

カッコイイとかの次元超えてますな。

ブラボー!!

 

 

 

畑中ハルというオトコ。

最高だったぜ!

 

またね!