【演劇】 緑慎一郎というオトコ

緑慎一郎

 

パンクドランカーを担う熱いオトコの一人、緑慎一郎

 

 

 

このオトコなしではパンクドランカーという作品はありえない。

そりゃそうだ。

キャストである前に、脚本家なんだもの。

もし彼の頭の中に「パンクドランカー」が生まれていなかったら、この公演自体存在していない。

間違いなくパンクドランカーの原点にいるオトコだ。

 

 

 

 

 

小田原の螺旋階段

 

トイレットペーパーに包まれる緑慎一郎。

 

 

 

 

 

緑慎一郎は小田原の劇団、演劇プロデュース『螺旋階段』の主催。

劇団では脚本、演出を務めていて、役者として自らが表に出ることもある。

うん、というか大体出てる。

そしてオイシイところをかっさらっていく。

ずるい。

 

 

 

 

 

舞台版ウシジマくん

 

年齢的には俺の1コ上で今年38なのだが、その若さでどうしてというぐらいに醸しだすおっさんオーラはすさまじい。

髪型と格好によっては完全にヤクザだ。

街で見かけても関わってはいけない人だ。

キャストからは「太ったウシジマくん」と呼ばれるぐらいだ。

 

 

 

 

 

今回は居酒屋の店長マサさんの役を演じていた。

 

 

最初はかなり嫌がっていたんだよね、マサさん役を演じるの。

なんせ初演で演じた織田裕之さんは、俺も緑も認めるピカイチのおっさん役者。

しかも脚本はあてがきだったし。

 

つまり緑の中で、マサさん=織田さん なわけで。

これを自分が演じて超えるのはかなり難しいハードル。

稽古中もかなり大変そうだった。

 

 

 

でも、いざ本番を向かえ、それは見事に乗り越えていたと思う。

お客さんに「緑慎一郎のマサさん」をしっかり見せれてたんじゃないかな。

グッジョブ!

 

 

 

 

 

パンクドランカー緑慎一郎

 

この写真は劇中でミキが撮影したもの。

マジで満面の笑顔で映ってんなぁ。

 

 

 

緑慎一郎というオトコ。

最高だったぜ!

 

またね!