【浅草グルメ】たこの鳴き声

【浅草グルメ】たこの鳴き声

たこの鳴き声

浅草たこの鳴き声

 

浅草在住17年演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ。

新しくオープンするお店の情報をキャッチしたらとりあえず行ってみる!

そんなフロンティア精神で今日も浅草を餓鬼のように徘徊します!

 

 

はい、今回はたこの鳴き声に行ってきました。

なんとオープンは今日11月28日!

出来たてホヤホヤさんでございます。

 

 

お店の位置は五重塔通り商店街(奥山おまいりまち商店街)。

ドンキホーテやまるごとにっぽんがある交差点から浅草寺に向かう道っていうと分かりやすいかな。

石畳みたいな感じで整備されていて、浅草の中ではなかなか景観の良い通り。

 

 

っていうか、このお店、

前にタピオカのBOBA365が入っていたところじゃねーか!(汗)

 

毎月のようにタピオカスタンドが消えていく浅草ですが、またひとつここに散ってしまったか。。。

なんか綿菓子とか写真プリントラテとか迷走してる感はあったもんな(;= =)

なんとまぁ、世知辛い世の中。

 

 

 

たこせん

この「たこの鳴き声」は、たこせんべいをテイクアウト専門で売るお店。

たこせんといえば江ノ島あさひ本店なんかが有名ですが、

あれと近しいのを浅草でも売り始めたって感じのニュアンスでよいかと。

 

 

たこせんを注文しましたが5分ぐらいかかるとのこと。

先客がなかったので1人で待つぶんには全然気にならない待ち時間だけど、

これ複数枚の注文入ったらどうすんだろ?

 

ぱっと見でせんべいプレス機がレジ前の1台しかなさそうだったので。

基本作り置きを提供する形でやってくんだろーか。

 

 

 

浅草の巨大なたこせんべい

どどーん、たこせん完成ッ!!

 

 

 

えーと、顔より大きいって情報は事前に仕入れていたんですが、想像以上でした。

浅草はけっこう風が強い日だったんですが、デカ過ぎてめちゃめちゃ風であおられるレベル(笑)

せんべい自体がそこまでガッシリとした強度ではないので、持ち方には気をつけたほうがよいかもです。

 

 

 

たこせんと我が子

食べ歩きグルメではあるんですが、デカ過ぎて歩くのがはばかられるので、

閉館してしまったまるごとにっぽんの脇に座って食べることに。

周りを歩く人々からは結構な注目度でした(笑)

 

 

 

たこせんにかみつく

己とのサイズ差も何のそのとかぶりつく息子。

オマエ頼もしいな。

 

 

 

たこせんに使用されているイイダコ

たこせんの中にはたこが丸々プレスされています。

たこの種類はイイダコだそうです。

マダコ科の比較的小型の種で、刺身、唐揚げ、煮物など幅広く食べられているヤツ。

 

たこ本体がプレスされている中央部分は、ややしっとりガッシリな感じ。

逆にたこ本体がない外側部分はダシだけが焼かれたせんべい生地で、サクッと食感で脆い感じ。

中央部分と外側部分で味も食感も別物になるので、ひとつで2種類の味覚が楽しめるせんべいですね。

 

香りよく、塩が効いていて美味しいっす。

でも正直一人だと食べ進める最中でちょっと飽きがきちゃうかもですね。

味が単調というよりは、普通にデカ過ぎてね(笑)

個人的には3~4人シェアがオススメヽ( ´¬`)ノ

 

 

ゴチソウサマー。

 

 

BOBA365がなくなってしまったのは残念ですが、

そのぶんまで「たこの鳴き声」さんにはがんばっていただいて、浅草を盛り上げてほしいもんです。

浅草観光で近くを通るようであればご検討あれー。

 

したらな!

 


たこの鳴き声

東京都台東区浅草2-5-9

営業時間不明 たぶん12:00~かな?

浅草グルメカテゴリの最新記事