【日常】「コロナを警戒し過ぎるに越したことはない」とか言ってる人よ、警戒し過ぎた先に待ってる地獄に早く気付け

【日常】「コロナを警戒し過ぎるに越したことはない」とか言ってる人よ、警戒し過ぎた先に待ってる地獄に早く気付け

「コロナを警戒し過ぎるに越したことはない」とか言ってる人よ、警戒し過ぎた先に待ってる地獄に早く気付け

新型コロナウイルス

 

わー、自分でも引くぐらいに、長くて物々しい記事タイトル(笑)

 

 

 

いやいや、

まぁー、それぐらい語彙を強めて言っておかんとね。

それぐらい深刻だし、いま何とかしとかんと取り戻せなくなることなんで。

 

 

 

オミクロン株に対する最近の政府の対応。

外国人の入国を禁じたり、その期間を一か月から無期限に延ばしたり。

陽性者はおろか濃厚接触者まで隔離するとか言い出したり。

 

 

海外のデータ見てると、もうオミクロンがそれほどヤバイ株じゃないことはわかってんじゃん。

オミクロン流行した南アフリカはすでに半月前にピークアウトし、

死者数もデルタ株流行の時と比べて数分の1で収まっとります。

 

南アフリカのオミクロン

↑南アフリカのコロナ死亡者数推移

 

 

 

 

 

ねぇ、なんで日本はこのウイルス恐れて鎖国してんの?

 

 

 

 

どう考えても往年のインフルエンザとかより危険性低いでしょ。

ただ感染力が強くて広まりやすいってだけで、重症化や致死に至る確率はかなり少ない。

つまり、普通の風邪とほぼ一緒。

 

 

ほぼオミクロン株に置き換わったイギリスでもこんな調子。

 

 

 


日本に入り込んできたオミクロンも、高齢者施設クラスターで重症ゼロ。

普通の視点でみたら、明らかに今の日本のオミクロン対応が異常であることはわかるはず。

 

 

 

 

ほい、とりあえず日本全国民にマジで読んでほしいやつ。↓

中川 淳一郎 「コロナ死亡の平均年齢は82歳」それでもコロナ対策をすべてに優先させたままでいいのか

 

 

 

長文だけど毛嫌いせずに読んでみて。

ユーモア交えて書かれているから読みやすく分かりやすいです。

 

 

 

読む時間ない人、読むのめんどくさいって人のために要点だけまとめると、

 

 

 

・日本人はいくらなんでもオミクロンを恐れ過ぎ

・陽性者の数が少なくなったもんだから、今度はマスコミは濃厚接触者の数で煽りだした

・「あなたのせいで死ぬ人が出たらどうする」の同調圧力が度を過ぎている

・感染して亡くなる人には敏感なのに、仕事を失い病んで命を絶つ人には1ミリも配慮なし

・「コロナ死者数を1人減少させるためにどの程度の経済的犠牲を払いたいか」という試算をすると、アメリカは約1億円、イギリスは約0.5億円というところに日本は約20億円と飛び抜けている。鳥取・島根両県に絞ると500億円以上。仮に1世帯の年収が500万円とすると、これは1万年分以上の犠牲を払いたいという価値観。

・マスコミの報道の仕方で民衆の価値観が操作される(今はどれだけお金をかけてでも命を守ろうみたいな風潮だけど、過去イラクでの拉致事件のときは3人の命よりも10億円の身代金を重くみるバッシングがめっちゃ多かった。)

・人間の致死率はいってしまえば100%。いつか何かで死ぬのに、「絶対に避けなければならないもの」「人の命は地球より重い」といった価値観で、死ぬことを1秒でも先送りするために全てを投げうっている現状は滑稽

 

 

 

これに書かれていることに、自分はほぼ同意。

 

 

特に4つ目の「コロナ死者数を1人減少させるためにどの程度の経済的犠牲を払いたいか」って話は、インパクト強い。

「コロナを警戒し過ぎるに越したことはない!」とか叫んでる人をよく見かけるワケだけどさ、この日本は1人のコロナ死者を減らすために20億円(年収500万円の人の400年分)を費やしてる事実を知った上で、果たして同じこと叫べるんだろうか。

 

 

 

いや、これでもね、

もし日本が裕福で安泰な国なら別にいいのよ。

それなら感染対策にお金じゃぶじゃぶ使ったって構わないよ。

 

 

 

 

 

でもね、日本っていまこうなのよ。

 

 

 

 

 

日本はもう、先進国の座が危うい状況でございます。

 

 

 

これに加えて世界トップレベルの少子高齢化という大問題を抱えている日本。

コロナ禍のせいで少子化にはさらに拍車がかかっていて、下手すると2065年には人口9000万を割り込み、そのうち3分の1が車の運転すら怪しいような爺さん婆さんになっています。

控えめに言って、終わるよね日本。

 

 

 

 

いや、別に脅したいとかそんなんじゃなくて、ね

事実としてそういう懸念があるから、それを何としても避けたくて。

 

 

いま大して脅威でもないウイルスへの対策に無駄リソースをつぎ込んでる政府。

それを受けてなぜか上昇しちゃってる政権支持率。

さらにそれを見て、コロナ対策に全力してる体裁を取れば支持率が上がるんだと味をしめる政府。

 

 

この流れが、いま非常にまずい。

 

 

 

 

例え話ですが。

 

がん、あの病気のやつね。

誰もががんにはなりたくないし、もしがんになったら怖いなと思ってるはず。

 

で、がん保険に加入するとしたら月額いくらまで払えます?

月額何千円とかならまぁ、いけるでしょう。

人によっては月額1万円超えても構わないって方もいるかもしれません。

 

でもそれが、月額10万、20万、50万って言われたらもう無理だし、理不尽でしょ?

がんというリスクに対して、かける費用がいくらなんでも大き過ぎ。

 

いまコロナに関しても同じなんですよねー。

大したことのないリスクに対して、払い込みがデカ過ぎる保険に強制加入させられてる感じ。

それも、現時点でそんな余裕はない、さらに将来も貧乏になる見込みがわかってるって状況でよ?

 

 

 

 

はい、ここで再び記事タイトル。

「コロナを警戒し過ぎるに越したことはない」とか言ってる人よ、警戒し過ぎた先に待ってる地獄に早く気付け。

ここまで書いたことを踏まえれば、決して乱暴なこと言ってないでしょ?(笑)

 

 

 

コロナを正しく知って、正しく恐れましょ。

「警戒し過ぎるに越したことない」は大間違い。

 

その警戒のために、莫大な費用が無駄になってますよ。

その警戒のために、多くの人の生活と仕事が犠牲になってますよ。

その警戒のために、国の経済が阻まれ、衰退を促進していますよ。

その警戒のために、将来税金も保険料も上がり、給料は上がらないまま物価だけが上がる国になりますよ。

その警戒のために、他国からも相手にされず魅力もない、高齢者ばかりのどうにもならない国になりますよ。

その警戒のために、日本は終わりますよ、と。

 

 

変なことやってる政府に対して、ちゃんとそれが変だと気付ける感覚持ちましょー。

でないと、どんどんポピュリズムに走ってとんちんかんな政治を繰り返していくだけですよ。

ちゃんと自分のアタマで考えよー!(またパクリ)

 

したらな!

日常カテゴリの最新記事