【ライフハック】剥がれた壁紙は100均アイテムで十分に直せる

【ライフハック】剥がれた壁紙は100均アイテムで十分に直せる

はがれた壁紙

 

家の壁紙が剥がれちゃった (´;ω;`)

 

 

気が付いたら見てのとおり、でろ~ん。

梁部分の壁紙がほぼ剥がれてしまい、だらしなくぶら下がっております。

 

 

むむむ、

いまの部屋、まだ入居して4年ぐらいなんだけど・・・

まったく手も触れてない部分なのに、こんなに思いっきり剥がれるもんなん?

施工業者に物申したい(*`Д´)q

 

 

 

 

剥がれた壁紙をめくってみると、梁部分は白塗りのコンクリートだった。

 

写真レベルだと壁紙とあんまりビジュアルの差がないね。

これはこれで打ちっぱなしのデザイナーズマンションみたいアリ?って思っちゃった(笑)

 

 

まぁ、さすがにこの一箇所だけデザイナーズマンション風というわけにはいかない。

ここはしっかりと貼り直しちゃいましょー!

 

 

 

 

 

まず選択肢としては、業者に依頼するか、自分でやるかってトコ。

 

業者に依頼した場合、人件費考えると数千円は請求されるよねぇ。

下手したら5,000円超えるケースもあるかもしんない。

こんなレベルで大きな金取られるのもイヤなので、自分で直す方向にしましょー。

 

 

 

 

こういうときに頼りになるのはやはり100円均一ですな。

 

 

 

 

まずは「のりバケ」。

ある程度は幅のあるハケじゃないと塗布作業たいへんだもんね。

 

 

 

 

 

 

のりは、「障子のり」で。

壁紙専用のりは、Amazonで探したらけっこうお高かったもので(汗)

 

「障子のりで壁紙は貼れるものなのか」というのをググッたら、

「障子のりと壁紙のりの成分はたいして変わんないからOK!」って意見と、

「障子のりは障子専用。壁紙貼れるわけねーだろバーカ!」っていう意見とでおおよそ半々だった。

 

 

えーー?

どっちよー?

 

まぁ、失敗しても100円だし、取り返しが付かないことになることはあるまいということで、とりあえず障子のりでチャレンジすることにしてみたよ!

 

 

 

 

 

 

障子のりっていうと皿にのりを適度に溶かして使うイメージがあったけど、この商品は直接障子のフチに塗ってOKなやつ。

さすがに梁の下部に直接塗るのは難しかったので、まずはハケの上にのりを出す。

 

 

 

 

 

 

ちびちびやっても仕方がないので、青いキャップを取っちゃって、こんな感じに大胆にハケの上にのりを出しちゃった(笑)

これを壁に塗りながら伸ばすこと、おおよそ15回。

 

 

 

 

 

壁紙施工完了

 

できたーん!!ヽ(´▽`)/

 

作業時間は約15分。

ぴったりとくっついて、仕上がりは上々。

強度的にもまったく問題なさそうで、数日経ったらぺろーんなんてこともなさそうです。

 

 

 

結論!

壁紙剥がれたときは100円均一のハケと障子のりで十分!!

 

 

 

おら、どんどん剥がれてみやがれってんだ!

合計200円(税抜)でいくらでも直してみせるぜっ!

 

ライフハックカテゴリの最新記事