【育児】イイ加減な育児をしよう

【育児】イイ加減な育児をしよう

イイ加減な育児をしよう

 

世の中で育児に疲れてしまっているパパとママへ。

 

 

 

赤ん坊はいつでも泣くもんだ。

自分も育児に携わってコレはものすごい実感した。

 

 

 

 

 

 

ミルクをあげても、泣く。

 

 

オムツを替えても、泣く。

 

 

温かい服を着せても、泣く。

 

 

抱きかかえて包んであげても、泣く。

 

 

歌を歌ってあげても、泣く。

 

 

どんなに愛情を込めても、泣く。

 

 

 

 

 

「自分はこんなにしてあげてるのに、どうして泣き止まないの!?」って思っちゃう。

自分がなんて無力な親なんだろうって思っちゃう。

 

 

 

 

 

 

でもねー、

 

 

 

 

そういうもんなのよ、赤ん坊って。

理由もなく泣くもんなの。

いつでもどこでも。

 

 

 

自分も育児始めてすぐの時期は「早く泣き止ませないといけない!」って、すごい責任感を感じながらあやしていた。

1秒でも早く泣き止ませることが理想の父親であることだと思ってた。

 

 

 

 

 

でも、すぐにそれ勘違いだなって気付いた。

 

 

 

 

 

 

だって赤ん坊は「早く泣き止ませてくれパパ」とは思っていないもの。

 

 

 

 

 

 

「早く泣き止ませないといけない」なんてのは親サイドの自己満足でしかない。

 

もちろん理由があって泣いてるなら解決してあげなきゃだけど、理由なく泣いてるのであれば、こちらが責任を感じることなんて何一つない。

 

 

 

焦った顔を子供に見せても子供は喜ばない。

余裕顔して「どうしたんだい? ヘイ! HAHAHA!」って笑って接してやるのが一番だと思う。

責任感が前に出過ぎた育児なんか、ちっともステキな育児じゃないもの。

 

 

 

 

最近は自分は我が子が泣きじゃくっていても、自分用のコーヒーを注いで一口すすってからあやしにかかったりしてる。

「えっ!子供が泣いてるのにまず自分のコーヒー!?」なんて思うかもしれない。

でもコレ、わかる人にはわかるんじゃないかな。

 

また、それぐらいの余裕で接したほうが結果的に早く泣き止んだりするから面白い。

 

 

 

 

 

世の中で育児に疲れてしまっているパパ、ママへ。

イイ加減な育児をしよう。

 

 

育児カテゴリの最新記事