【日常】 浅草寺に隠された地下通路に恋焦がれる

 

 

地下通路。

 

 

 

 

 

 

 

突然だけど、俺、

地下通路が好きだ。

 

 

 

 

 

 

いきなり何の告白だって感じだけど。

 

 

 

 

 

んー、地下通路とか、裏道とか、業務用通路とか、

そういうのってワクワクしない?

 

 

限られた人しか通ることが出来ない道、マニアックで誰も知らない道、etc。。。

そういうものに心が踊るのは私だけでしょうか?

いや、そんなことはないでしょう。

みんな心踊るとも。

うん、絶対踊る。

踊らざるをえない。

100%踊る。

 

 

 

立ち入り禁止エリアに入らせてもらってるときって、テンション上がるもんね。

普通はNGなはずの限定空間に入らせてもらってるってことで、

好奇心やら優越感やらがドーンってなって、ドーパミンがドバドバ出るわけですよ。

脳内がカーニバルになるわけですよ。

 

 

 

一般人が立ち入れない限定エリア。

限定エリアって、いいよねぇーーー!

 

 

 

 

 

俺の体験でいえば、

 

演劇 → 楽屋や舞台袖、あと奈落とか

モデル → 撮影スタジオ

昔イベント系のバイトやってたとき → 商業施設やホテルの業務用通路

六本木ヒルズで勤務してたとき → 社員しか立ち入れない高層階エリア

 

 

なんかがテンション上がる場所だったね。

これらの場所は気分がワクワクして仕方がない。

昔からこういう属性の場所が大好きだった。

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

そんなときに耳にしてしまった。

とある情報。

 

 

 

 

 

 

浅草寺の地下には秘密の地下通路があるってよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せ、せんそうじ・・・?

 

 

 

 

 

 

はい、この浅草寺です。

 

 

 

 

 

なんと、こんな身近なところにそんなテンション上がる場所が!

え、マジで!?

 

住職しか入れないエリアを想像するだけでもヨダレが出るのに、

さらに地下ですよ!

秘密の地下通路ですよ奥さん!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、浅草には地下商店街っていうのがあるが、それはまた別の話。

そこもなかなかに魅力的な場所だけどその話はまた後日。

 

 

 

 

 

 

 

浅草寺の隠し地下通路情報

 

地下の秘密通路

 

まず情報その1。

http://yubo.exblog.jp/729875/

 

 

一般の方のブログです。

上野・浅草界隈が地元のようで、地元の豆知識をたくさん記事にしている方。

他の記事もかなり内容がしっかりしていて信用できる。

 

 

内容を要約すると、

・雷門、仲見世、仁王門(宝蔵門)、浅草寺本堂、五重塔は全て地下通路にて繋がっている

・要人用にしていてゴルバチョフ大統領が来日したときに使った

・災害時などに重要な文化財などを持ち出すための通路の役割がある

・元々同じ宗派である上野の寛永寺とも地下通路でつながっている

とのこと。

 

 

 

 

 

なんと浅草寺から雷門まで地下でつながっているとな!

さらに上野の寛永寺までって、アンタ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寛永寺ってさ、どこにあると思ってんの!?

 

 

 

 

 

 

浅草寺から上野の寛永寺までの地下通路

 

 

 

 

 

地下通路、長過ぎィィィーーーーーーーーーッ!! Σ(°Д°;

 

 

 

歩いたら30分かかる距離っすよ。

マジで地下通路でつながっているとしたらロマン指数ハンパないっす。

オラ、わくわくすっぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

で、肝心の信憑性の部分なんだけど。

 

 

 

 

 

 

まず先にも書いたとおり、このブログを書いている方が信頼できそうってとこ。

ほかの記事の内容を見ればわかるけど、けっこう充実した内容が書かれていて、さすが地元民っていう知識の豊富さがしっかりとブログに出ている。

テキトーな情報をテキトーに掲載するような人には思えない。

この浅草寺の地下通路の記事内容も信用していいんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

で、さらに別のブログを書いている人。

情報源その2。

http://ameblo.jp/trattoriadeniro/entry-11729708652.html

 

 

茅場町のイタリアン「トラットリア・デニーロ」の経営をされている方のブログ。

内容を要約すると、

・浅草寺の地下に入らせてもらった

・浅草寺の地下には住職さんたちの居住区があった

・そのまま地下を通って五重塔の社務所へ行った

とのこと。

 

 

 

浅草寺の地下の居住区ってだけでもワクワクするけど、大事なのは3つめですな。

「実際に地下通路を通って五重塔まで行った」という体験談!

 

 

 

 

浅草から社務所(伝法院)までの秘密の地下通路

↑つまり、これがこうつながっている。

 

 

ブログにちゃんと地下通路の写真も掲載しているので、ウソ情報の可能性はほぼゼロだと思われる。

とりあえず、地下通路があること、そしてそれが五重塔エリアまでつながっていることが間違いなくなった!

 

 

ここがつながっているなら、その通路が仁王門や雷門までつながっていもて不思議ではない。

最初の情報の信憑性が格段にアップだぜ!

ロマン万歳!

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っていたら、また情報が!

 

 

情報源その3とその4。

http://ryutaiin.blog.so-net.ne.jp/2014-11-22

http://jp.fc2web.com/sanjyamatsuri.htm

 

 

2人ともが浅草寺から秘密の地下通路で五重塔へ行ったと明言!

これで3人もの人が地下通路の存在を語っていることになる。

こりゃ地下通路の存在は確定でOKですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、上野の寛永寺まで地下通路が続いているという情報の真偽。

 

情報元は信用できるけど、ちょっと物理的に距離があり過ぎる。

直線距離にしたら2km近くあるんじゃないかな。

さすがに地下通路がそこまで延びているというのは、ねぇ?

うーん・・・

 

 

 

 

 

 

と思っていたら、

 

 

 

 

 

 

情報源その4。

 

 

寛永時までの地下通路

 

 

 

 

 

ガチだよ!

これガチのやつだよ!!( ゚д゚*)ガハッ

 

 

 

 

 

 

ツイートに喰いついた人への対応からしても、

こりゃあガチでしょうよ!

 

 

 

 

 

やっぱり本当にあるみたいよ、地下通路!

浅草と上野をつなぐ秘密の地下通路!

ロマンで3杯飯食えるぜ!!

 

 

 

 

 

 

浅草の隠し通路とつくばエクスプレス浅草駅の位置関係

 

ちなみにこれ、浅草寺から真っ直ぐ上野方向に地下通路があった場合の導線。

ちょうど、つくばエクスプレスの浅草駅をまたぐようになってる。

 

 

つくばエクスプレスの浅草駅は地下になるんだけど、ものすごい深いんだよね。

つくばエクスプレスが将来東京駅まで延びたとき、秋葉原ワシントンホテルの基礎工事部分に干渉しないようにという事情で深く作っているらしくて。

そんな事情だったとしても、途中で大江戸線と交差することを考えたとしても、

浅草駅をそこまで深いところに作らなきゃいけなかったものかなと。

 

「浅草寺からの秘密トンネル」をくぐり抜けなきゃいけなかったから駅が深くなったんじゃないかって、

ロマンのあるほうに勘繰っちゃう俺がいる!(笑)(←けっこう考えが浅はか)

 

 

 

 

 

 

つくばエクスプレス浅草駅の改札階の謎の扉

 

ちなみに、この写真はつくばエクスプレス浅草駅の改札階。

ちょうどさっきの地図の赤矢印のラインの上にあたる場所なんだけどさ。

なんか異様にドアがいっぱい。

 

しかもドアには「清掃用具置場」「機械室」「資源置場」と部屋の用途が書かれているものがある反面、

ただ「関係者以外立入禁止」としか書かれていないものがある!!

 

めっちゃ怪しいYO!!

このドア、もしや例の地下通路とつながってるんちゃいますの!?

ねぇ?ねぇ?

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、ロマン広がるね。

こんな身近に地下通路の可能性が、

しかもリアルに信憑性限りなくMAXで存在するってことがたまんない。

 

 

 

浅草寺か寛永寺か、どっちかの住職さんと仲良くなったら入り口ぐらい見せてもらえないもんかな(笑)

あわよくば通らせてもらいたいーーー!

夢が膨らんで仕方ないっす!