【育児】液体ミルクって便利ね

【育児】液体ミルクって便利ね

液体ミルクって便利ね

液体ミルク

 

今年の3月から解禁された液体ミルク。

我が家でもお世話になっております。

 

 

何がいいって、やっぱり外出するときの荷物が格段に減るところだね。

 

 

いままでは、

 

・キューブタイプのミルク

・熱湯を入れた水筒

・水(ペットボトル500ml)

・哺乳瓶

 

これら4つを荷物として持っていかなきゃいけなかった。

水筒と水だけで重さ1kgいっちゃうもんねー。

子供を抱えたうえでこれらを長時間持ち運ぶのはやっぱり大変。

 

 

それが液体ミルクであれば、

 

・液体ミルク(240ml缶)

・哺乳瓶

 

の2つだけ。

 

しかもいざ飲ませようというときも、

まずお湯で溶かして、水で割って人肌に調整して・・・なんて作業は必要なし。

常温の缶から哺乳瓶に入れ替えて「はい召し上がれ」で完了。

 

これはめちゃめちゃ楽ちん!!

ありがた過ぎて涙が出そうです(涙)

 

 

いやー、こんなに便利なものがなんでいままで存在しなかったのか。

疑問に思ってしまうぐらいに便利です、液体ミルク。

 

 

海外では40年も前から普通に流通していたらしいんだけどね、

日本じゃ液体ミルクを許可する旨の法律がなかったみたい。

(人工ミルクに対する規格はあったけど粉の概念しかなかったので液体は想定外だった、的な感じ)

 

それが2016年熊本地震でフィンランドから災害支援として届いた液体ミルクがきっかけで、

「こりゃ便利だ!」ってなって、2018年に法改正、2019年になってやっと商品化って流れ。

いろいろ動きが遅いよ日本!

もし40年前から液体ミルクがあれば、これまでどれぐらいの人数の育児負担軽減ができていたことか(汗)

 

 

 

まぁ、唯一のネックは値段だね。

 

ミルク240mlを1杯として考えると、

粉ミルクの大型缶であれば1杯あたり70円前後。

キューブタイプであれば1杯あたり90円前後。

(※ 熱湯や冷まし水にミネラルウォーターを使えばそのぶんもプラスでかかる)

 

それにくらべて液体ミルクは1杯あたり200円ちょっと。

→Amazonだと1本あたり212円ぐらい

単純に倍以上値段が違うので、毎日となるとそれだけ負担になっちゃうね。

 

コスパはお世辞にもよくないので、

あくまで外出のとき用にしたほうがお財布にやさしいです。

 

 

 

でも、それを補ってあまりあるお手軽さ。

まだ馴染みがなくて手を出してないってパパさん、ママさん、育児を楽にする選択肢のひとつにぜひどーぞ。

 

 

あ、ちなみに成分は粉ミルクとほぼ同じになるようですが、

初めて飲ませる時にはやっぱり自宅で少量から試したほうがよいです。

 

ウチの子はなんの問題もなくグイグイ飲んでくれましたが、

こどもによってはアレルギー反応が絶対にゼロとは言えないですし、

味が好みでなかったり常温が嫌だったりで、あまり飲んでくれない子もいるみたいなので。

外出先でぶっつけ本番で試して「やっぱダメだったー!」だとちょっと大変(汗)

 

 

2019年3月の発売以来、液体ミルクの売り上げはグイグイと伸びているようで。

でもまだ2メーカーからそれぞれ1商品だけしか発売されていないし、

たぶん開発費の回収もまだまだ先だろうね。

 

液体ミルクがもっと一般的になって、競合他社が増えて生産量が上がっていけば、

いずれは値段も落ち着いていくかな?

そうなれば御の字ですな。

 

 

子育てしやすい環境作りがちょっぴり進めば、少子高齢化もちょっぴりだけ解決に向かう。

そんな流れに期待っ。

育児カテゴリの最新記事