【日常】2020年都知事選スタート

【日常】2020年都知事選スタート

2020年都知事選スタート

2020年都知事選

2020年、東京都知事選が始まりました。

 

 

過去最大である22人もの候補者が現れましたが、ぶっちゃけ当選の目があるのはほんの一握り。

小池百合子氏の当選がたぶん9割9分間違いなくて、

あとはそこそこ票を集めそうなのは、宇都宮健児氏、小野たいすけ氏、山本太郎氏ぐらいです。

小池百合子氏によほど大きなスキャンダルでも出ない限りは番狂わせはないでしょうね。

 

それぐらいに小池百合子氏の元々の知名度と、

このコロナ禍でのメディア露出の差は大きいと思います。

 

 

 

ちなみに残り18人の候補者に関しては申し訳ないですけど、

0.000001%さえも当選の確率はないと思ってます。

それぞれの政策も経歴もまともに見ずに判断しちゃってあれだけどね。

でも事実だもん、ごめんなさい。

 

 

 

うー、

小池続投で決まっちゃうのかー。

 

 

 

個人的にはね、

小池百合子氏の続投はホントに嫌で。

 

 

学歴詐称疑惑については大学とグルなんて話もあるけど真偽は知らんし、豊洲問題もどこに正義があってどれが最善だったかは俺は当事者でもなければ専門知識もないので是非の判断はしない。

コロナの最中もキャッチフレーズばっかり量産して、科学的エビデンス完全無視のズレた対策ばっかりしていたけど、それも百歩譲って黙認しよう。

なんかオリンピックの暑さ対策でダサイい被り傘発表してたけど、それも目をつぶろう(笑)

 

 

 

 

でもね、公約の壊滅具合はマジでダメだわ。

 

 

小池さん7つのゼロを実現しますなんて言って当選されていたワケですが、

じゃあこの4年間の任期中にどれぐらい進捗があったかというと、

 

1.待機児童ゼロ

待機児童は見た目の数字は8466人から3690人と半分以下に減らせていますが、実際の数字とは剥離しまくり。「待機児童ゼロ カラクリ」でググれば現状がわかります。まぁ、これは東京に限らず全国的にそうだと言えますが。

 

2.介護職離職ゼロ

そもそもデータを追ってなくて成果がわからないんだって。オイ。

 

3.残業ゼロ

都職員の月間平均残業時間23.5が、23.8になった。え!?悪化した!?

 

4.都電柱ゼロ

電柱の地中化は39%から41%になったそうで。2%増えただけ。。。

 

5.満員電車ゼロ

なんか2階建て電車とかトンチンカンな発言してましたが、結局まったく改善されず。コロナ理由で電車が空きましたが、これは都知事の成果じゃありません。最近になって「あれは長期的な視点で何十年もかけてみていくものです」なんて言い出したらしいですが。ってことは、任期4年でゼロなんて公約に掲げちゃ詐欺じゃんよ。

 

6.多摩格差ゼロ

道路整備とモノレール伸ばす決定をしただけだそうで。そもそも格差の定義もわからず、成果の検証もまともにできず。そもそも多摩市民の一部では「多摩格差なんてのは自分達でまったく意識してないのに」なんて声も。じゃあ何なんだこの公約。

 

7・ペット殺処分ゼロ

数字上はゼロとなり達成しています。でもこれはほかの近隣県でも達成しており、そもそも誰が都知事の椅子に座っていても達成できてたんじゃないかという。また、殺処分ゼロ達成を目指すあまり、引受先になっている動物保護団体へ負担が増えているとか、譲渡不可能な状態の犬猫として処分してるとか(これだと殺処分としてカウントされない)、なんかうさんくさい話が多数あり。

 

 

 

4年間やって公約の達成状況が壊滅的・・・。

 

 

 

しかもね、今回の出馬の公約の中ではこんなこと言ってる。

はんこレス、キャッシュレス、タッチレス、ペーパーレスの4つのレス!

「7つのゼロ」がまったく達成できなかったあとに、新たに「4つのレス」って、何のギャグなんだろうか。。。

 

公約未達成でもさ、せめて「ごめん、がんばったけど達成できなかった!ちょっとアプローチの仕方変えて再トライします!」ならまだ許せなくもないけどね、前回の公約未達成にはまったく話題にも触れずに、「はい、これ新しい公約でーす」ってやられたらフツーにブチ切れるよね。

とりあえず俺はブチ切れた(笑)

 

 

新たに4年間都知事やったもらったところで、何かが達成される気が1ミリもしない。

まぁ、これフツーの感覚だと思うんですけども。

小池さん支持者の中では違うんかな。。。

 

 

なんかね、小池氏は民をどうにかしたいんじゃなくて、権威者でいたいだけなんだろうなってのがすごい伝わってくるのよ。

さらに言えば、その先の国政ポスト。

女性総理大臣とか、そういうの目指してる腰掛というか。ね。

 

 

 

 

ああ、都知事選、

大番狂わせ起きないかなあ。。。。

 

 

「国会議事堂前に慰安婦像を立てろ」とか言ってる宇都宮健児氏には入れたくないし、

国民に未来からの借金で金をばら撒いても素敵な社会になるわけがないと思ってるので山本太郎氏もナシ。

なんせ俺の息子はこれからの東京であと80年は生きるんでね、

その息子の未来を暗くしそうな人には投票しません。

 

 

そうなると必然的に、選択肢は小野たいすけ氏になる。

小野たいすけ氏の経歴や行動をざーっと調べてみると、まぁマトモそう。

何かと小池氏への皮肉めいた発言が多いのはマイナスポイントとして気になるけど。

熊本県での副知事時代の評判もいいみたい。

 

 

 

何より掲げているキャッチが「科学的エビデンスに基づく経済重視のコロナ戦略策定を」ってのは大きい。

あのコロナ禍での対応で人気を集めた吉村大阪府知事の行動が、まさにコレそのままだからね。

コロナに限らずあらゆる政治判断全般において、イメージとか印象とかではなく、科学的な根拠を持って指揮を執れる人にトップに立っていてもらいたい。

 

 

正しい状況分析と、それに基づいた行動。

今回のコロナ騒動でそのへんは嫌になるほど実感したので、ホントそれだけやってくれれば何の文句もないっす。

頼むぜ、大番狂わせ。

 

 

自分以外の誰かに対して「この人に入れるべきだ!」なんて奨めるのは個人的にはナンセンスかなと思っていますが、
「誰に入れたらいいかわかんねーぜ!」って人は小野たいすけ氏にどーぞ。

小野たいすけ氏がアタリくじだって保証はできませんけどね。

俺の目から見て、ハズレくじである可能性が一番低いことだけは自信を持って言えます。

 

 

まぁ、とりあえず投票には行きなはれや!

白票はダメ、ちゃんと誰かの名前を書きましょう。

→過去記事「白票なんか投票しても無意味なことに早く気付こう」

 

 

ほら、そこの「誰に入れても一緒」なんて思ってる人!

今回のコロナで各自治体の首長でアタリの人とハズレの人の差は歴然だったでしょ?(笑)

自分でアタリに思える人を見つけて選びましょう。

せめて、ハズレだと思う人は落としにいきましょう。

 

したらな!

日常カテゴリの最新記事