【浅草グルメ】あなご料理 九州大分料理 あな太朗

【浅草グルメ】あなご料理 九州大分料理 あな太朗

あなご料理 九州大分料理 あな太朗

浅草のアナゴ料理の店川井 あな太朗

※ いまは店名が「穴子料理と地酒 浅草川井」に変わりました

 

今日はまたまた国際通りのほうを攻めてみました。

訪れたのは「あなご料理 九州大分料理 あな太朗」です。

 

お店の場所は国際通りからROX正面の細い道を西に入って30メートルぐらいのところ。

来集軒と同じ通りで、来集軒よりは少し手前になります。

両サイドにラブホテルがあってちょっと歩きづらい小さな路地(笑)

 

 

浅草のあなご料理

ランチタイムのメインの料理はあな丼。

ほかには九州産の地鶏を使った鶏天丼やチキンカツ定食、チキン南蛮定食を扱っていました。

あな丼が900円でほかはみな750円なのでなかなかリーズナブルですね。

観光地で売ってるあなご飯のイメージが強いので1,500円ぐらいしそうに思っちゃいますが。

ありがたやありがたや。

 

店内は老舗のお寿司屋さんって感じの間取りでした。

調べたところ元々はやはりお寿司屋さんで、それをそのまま使っているんだそうで。

カウンター席が6、7席、あとは4人掛けの座敷席が3つありました。

一人でも大人数でも利用しやすいですね。

 

 

あな丼 あな丼

注文したのはもちろんあな丼(950円)。

地鶏料理もおいしそうでしたが、なんせ店名が「あな太朗」です。

ここはあなごを食べずにはいられまい!

 

あな丼は写真ではかなり大きな器に見えますが、ご飯の量は比較的浅いので、まぁ普通サイズぐらいです。

あとは味噌汁、生野菜サラダ、たくわん、山くらげが付いてきました。

あなごウマー。 (´∀`*)ノ

 

ものすごく身が柔らかくて、口の中に含むととろけるようになくなります。

味もたっぷりと甘いタレが染み込んでいて濃厚な味なのに全然しつこくなくてグッド。

これ食べると回転寿司とかのあなごっていったいどこの代替魚なんだとか思っちゃいますね。

 

味噌汁、生野菜サラダ、たくわんはまぁ特筆するものはなし。

フツーに美味しいです。

 

あと山くらげが意外にダークホースで美味しかったです。

山くらげってゼンマイとかの山菜の仲間だと思っていたら、実はレタスの仲間なんですね。

どおりでサッパリした口ざわりなわけだぁ。

自分のお気に入り野菜にチェックだな。

 

 

ゴチソウサマー。

 

 

あなご、素直に美味しかったです。

このぶんだと地鶏料理のほうも期待していいのかも。

 

惜しいのはお店の立地ですね。

さすがに観光客はこの路地には絶対に入ってこないしなぁ。

来集軒目当てで訪れたお客をいかにうまく流し込むかってトコでしょうか。

 

浅草であなご食べたい!ってときには候補のひとつにこの「あな太朗」をドーゾー。

 


穴子料理と地酒 浅草川井(旧店名:あなご料理 九州大分料理 あな太朗)

東京都台東区西浅草2-26-1 坂田ビル TEL:03-5828-3132

営業時間:11時~14時半、17時~23時 毎週火曜定休日

浅草川井公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事