【浅草グルメ】浅草聚楽(じゅらく)

【浅草グルメ】浅草聚楽(じゅらく)

浅草聚楽(じゅらく)

じゅらく

 

演劇人が送る浅草グルメシリーズ!

今回は浅草老舗の庶民派レストランへGOしてきました。

浅草聚楽(じゅらく)に行ってきたよ!

 

 

お店の場所は新仲見世通りの中になります。

閉店してしまったわけあり本舗のお向かいさんですね。

ROX3からも至近距離で建物もかなり大きいので、浅草住んでて存在を知らない人はいないでしょう。

 

運営会社は株式会社聚楽で、なんと創業はもうちょいで100年。

この浅草じゅらくの店舗もそれに近いぐらいの創業年数になるみたいですね。

世の中のファミレスブームよりも遥かに先を駆けていたのはすごいこと。

そんな時代から浅草民の憩いの場になっていたと想像すると感慨深い。

 

 

食品サンプル

お店の入り口に並ぶ昭和感漂う食品ディスプレイがいい感じ。

 

 

 

 

浅草じゅらく

コロナ禍の最中は土日でも閑散としていたので心配だったのですが、

感染状況が改善されて人波が戻ってきた今は、13時を過ぎてもかなりの混雑っぷり。

やっぱり浅草で家族連れだと選択肢に挙げやすいもんね。

客足が戻ってきてよかった、よかった。

 

 

じゅらくメニュー 大人のお子様ランチ

ほい、メニュー。

店構えから洋食がメインなのかなと想像するかもですが、

そばや天ぷら、中華丼など和洋中なんでも幅広く揃っています。

しかもお値段も観光地らしからぬリーズナブルな設定。

 

 

 


これ、推しメニューになっている大人のお子様ランチ。

「大人の」なので、大人向けメニューです。

ハンバーグ、海老フライ、唐揚げ、ナポリタン、オムライス、サラダ、スープという満腹仕様。

おいしそうー(゚¬゚)

 

 

 

子供がオムライスもお子様カレーも両方食べたいというので、

自分はオムライスを選択して分け与えることに。

オムライスは950円なり。

 

オムライス

老舗レストランだからクラシックオムライスかと思ったら、意外にもふわとろ系がやってきました。

たっぷりとお皿に広がるデミグラスソースから良い匂いがふわふわと漂う。

 

 

オムライス

見た目は濃い味そうな印象ありましたが、食べてみると意外にあっさりめ。

チキンライスと卵とデミグラスが融合した味わいは奥行きがあってウマーです。

量はちょっと少なめだから成人男性はあっさりペロリくんです。

 

 

 

お子様カレーライス

こちらはお子様カレー、おもちゃつきで480円。

おもちゃは100均クオリティなので、実質380円で食べれるお子様ワンプレートと考えるとかなりリーズナブル。

オレンジジュースとデザートゼリー2個もついてくるし。

 

 

おもちゃ

ファイヤーズチーム

おもちゃは店員さんが持ってきたカゴの中から好きなものを1つ選ぶ方式。

我が子ははしご消防車をチョイス。

ほんと、乗り物好きだねぇ。

 

 

からあげ

唐揚げとポテトが大好きな我が子。

「カレールーつけて食べてもおいしいかもよ」と教えたら、楽しそうにつけて食べておりました。

あ、カレーは子供向けに薄味&甘味で作ってありました。

塩分少なく済むように考えて作られている感じ。

 

 

中華あんかけ焼きそば

こちらは妻が頼んでいた五目あんかけ焼きそば。

エビやイカなど海鮮系も使用されていて、とっても具沢山。

 

日本ではあまり見慣れないフクロタケが使用されていました。

調べてみたらフクロタケって、世界じゃあマッシュルームと椎茸に次いで食べられてるキノコなんだって。

へぇー。

上品な味付けで具材の数だけ食感がある贅沢な一品でした。

 

 

ゴチソウサマー。

 

 

クリームソーダ じゅらくの浅草パフェ

食事しながらメニュー見てて気付いたけど、カフェ利用でもリーズナブルなのな。

コーヒー税込440円なので、個人経営のカフェ行くよりはよっぽど安く済む。

店員さんも丁寧で居心地もいいしね。

浅草パフェとかの甘味も美味しそうなので、今度はカフェタイムとして利用してみようかなー。

 

 

浅草じゅらく、食事にもカフェにもぜひぜひご利用どうぞ。

土日でなければ比較的空いてるのでふらっと入るには良いお店でございますよ。

したらな!

 


浅草聚楽(じゅらく)

東京都台東区浅草1-23-9

営業時間 11:30~15:00、17:00~20:00(定休日なし)

03-3841-5025

株式会社聚楽公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事