【浅草グルメ】十和田人形焼工場直売所

【浅草グルメ】十和田人形焼工場直売所

十和田人形焼工場直売所

※ すでにもう直売は中止されてしまいました

 

 

雷門1丁目の人形焼き工場 田原町小学校近くの人形焼き

浅草といえばおみやげ代表各のひとつに人形焼があります。

木村屋を初めとして仲見世通りにいけば人形焼きのお店はいっぱいあるのですが、

ここでは出来上がりホヤホヤを格安で入手できる場所の紹介です。

 

外観写真を見てもらえばわかるかと思いますが、普通の販売店ではありません。

実はここは、住宅街のど真ん中にコソッと存在している人形焼を生産している工場なんです!

え、まさかこんなところで!?って場所にやや驚き。

 

雷門1丁目の浅草NTTのちょうど真裏にあたる小さな路地にそれはあります。

田原町幼稚園のそばの脇道って言った方がたどり着きやすいでしょうか。

浅草通りから見ればセブンイレブンの裏で、フクロウ雑貨のお店も近くにありますね。

 

 

ここでお願いすれば、いままさに機械から出てきたばかりの焼きたてホヤホヤの人形焼を

手早く袋につめて販売してもらえます。

しかも値段はなんとびっくりの1個20円(税込み)!!

20個買っても400円って相当なコスパですよね。

 

 

浅草人形焼き 人形焼き3種類

とりあえず10個買ってみました。

そばのビールは大きさの比較用ってことで。

 

種類は3種類あって、鳩、ちょうちん、五重塔ってラインナップ。

いくらなんでも五重塔は太りすぎ感ありますが(笑)

まぁ、食べるほうとしては餡がたくさん詰まってるってことで嬉しいんですけどね。

 

 

ちなみにその形から察するに、ここは三鳩堂で提供している人形焼の生産工場なのかもしれません。

三鳩堂は仲見世通りに店舗を展開している老舗の人形焼屋さん。

たまたま製造してる機械が同じ型なだけかもしれませんが。

※追記 どうやら直営店は梅林堂のようですね →参考ブログ

 

 

人形焼き

中身はこんな感じです。

他店より比較的むっちりした形のぶん、中の餡子もぎっしり。

餡子はもちろん、熱いホカホカの生地からもバツグンの甘みが伝わってきます。

旨し!

 

是非とも一度ご賞味アレー。

 

販売している時間帯は基本10~16時で、日曜休み、月曜火曜もお休みのときが多いみたいです。

入り口に販売の時間帯や当月のお休みのカレンダーが貼ってあるので、

ちゃんと確認してから扉を開けるようにしましょう。

 

あ、工場内は常に忙しいみたいなので時間とらせないように注文はスムーズに。

本来は生産がお仕事の現場なので、あまりお邪魔になってしまうと、

作業効率悪くなる → 直売やめちゃおっか

ってことになりかねないので。

 

 

儲けが薄いであろうこの直売はホントにその可能性ありそうです(汗)

マナーを持って注文に行きましょうね。

したらな!

 


十和田人形焼工場直売所

東京都台東区雷門1-3-1

営業時間:10時~16時 基本日曜休、あとは不定休

浅草グルメカテゴリの最新記事