【浅草グルメ】FUGLEN ASAKUSA(フグレン アサクサ)

【浅草グルメ】FUGLEN ASAKUSA(フグレン アサクサ)

FUGLEN ASAKUSA(フグレン アサクサ)

フグレン

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

再び緊急事態宣言が出そうで浅草の飲食業界も心配でたまりませんが、自分は自分にできることを。

さぁ、少しでも浅草を盛り上げられるよう今日も元気にいってみましょー!

 

 

今回はFUGLEN ASAKUSAに行ってきました。

 

 

 

フグレン浅草

お店の場所は、元まるごとにっぽんの建物のまんま裏。

WINSから浅草西参道に入っていく交差点のところになります。

 

あ、店名は「フグレン」と読みます。

ノルウェーの首都オスロは世界最高峰のコーヒーの街として有名ですが、

そのオスロにある有名店「FUGLEN」が日本進出を果たしたのがこのお店なんだとか。

 

まず2014年に「FUGLEN TOKYO」という名前で代々木公園のほうに1号店をオープン、

さらに2018年に2号店としてオープンしたのがこの「FUGLEN ASAKUSA」というわけです。

 

 

ちなみにフグレンは、ノルウェー語で鳥のこと。

アジサシという世界最長飛行をする渡り鳥をモチーフとしているらしいです。

日本にも飛んでくる鳥なので、見覚えあるって人もいるかも。

アジサシ

↑アジサシの画像(Wikipediaより引用)

 

 

さてさて、この浅草のFUGLEN。

 

 

 

FUGLENの螺旋階段

「ナインアワーズ浅草」というホテルの1F2Fが店舗となっていますが、

そもそものホテルのデザインが超絶にオシャレなこともあって、

FUGLEN自体もかなりオシャレな構造となっています。

普通のカフェは店内に螺旋階段ってなかなかないもんね(笑)

 

FUGLEN

椅子も本当に様々。

通常のカフェ椅子からソファーまでかなり幅広いので好みの場所を毎回確保するもよし、

逆に毎回違う席を選んで違った雰囲気を楽しむのもよし。

定期的に通いたくなる仕組みになっていますね。

 

FUGLEN店内

 

メニューは、一番ベーシックであろう本日のコーヒーが370円からなのでリーズナブルですね。

アイスドリンク系はちょい高めの設定かもだけど、おかわりが安いので2杯以上居座るならかなりお得。

 

 

 

ノルウェーワッフル

ほい、今回注文したノルウェーワッフル。

スクランブルエッグやソーセージ、ホウレンソウが乗って950円也。

ボリュ―ミーで主食感が強いので、お茶目的のときは2人シェアでいただくとよいかも。

 

ノルウェーワッフルってこういうクローバー型が主流らしい。

切り分けるとハート形になるのが写真映えしていいよね。

 

 

フグレンのノルウェーワッフル

表面カリカリ、中ふんわりで香ばしくておいしい。

スクランブルエッグやホウレンソウの塩気とも相性良くて旨し!

 

 

 

本日のコーヒーとカフェラテ

本日のコーヒーとカフェラテ。

タイプとしてはやはり北欧スタイルの酸味が強めのやつ。

でも角が立つようなものではなく、すーっと口の中に広がる感覚が心地いいです。

 

 

リンゴジュース

リンゴジュース。

注文したときに子供用だと察してくれ、プラスチックの容器で提供してもらえました。

こういう気遣いはありがたいですな。

一般的な市販の100%ジュースではなく、濃厚で奥行きのある甘味の美味しいアップルジュースでございました。

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

浅草でオシャレカフェをいくつか選べって言われたら、間違いなくランクインするお店。

コスパでも居心地の良さの点でも胸を張っておすすめできますね。

嫁は味も雰囲気もえらい気に入ったらしく、リピーター宣言をしておりました。

 

FUGLEN ASAKUSA、浅草でステキ時間を過ごしたいときにはぜひ。

したらな!

 


FUGLEN ASAKUSA

東京都台東区浅草2-6-15

営業時間 9:00~22:00

FUGLEN ASAKUSA公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事