【浅草グルメ】イシイの甘栗 浅草六区店

【浅草グルメ】イシイの甘栗 浅草六区店

イシイの甘栗 浅草六区店

イシイの甘栗浅草店 浅草の甘栗屋

 

今日は浅草ブロードウェイ通りへ行ってきました。

浅草で甘栗といえばここ、「イシイの甘栗」です。

 

ブロードウェイ通りの浅草演芸場や交番がある交差点のあたりにあります。

ほかにも浅草松屋の裏手や墨田区のほうにも店舗があって、

川越、所沢、仙台のほうまで展開しているみたいですね。

 

店の前にベンチはありますが、基本的にはテイクアウト専門のお店です。

甘栗のほかに肉まんのような点心物も扱っています。

甘栗は大小いろんなサイズが用意されていて、

600円の小さな手提げ袋から6,000円のギフト用まで揃っています。

 

 

甘栗 浅草の甘栗

600円の手提げ袋を買って帰宅。

平皿に広げて写真パシャリ。

中身は栗が30個ぐらいですかね。

 

 

くりわりくん

甘栗と一緒に皮剥き用のアイテムが付いていました。

その名もくりわり君

子供のころから手で剥いたことしかなかったので、こんなアイテムが存在することに驚き(笑)

 

 

くりわりくんが活躍 くりわりくんで甘栗をむく

使い方はいたって単純です。

以下説明書より。

 

①栗に割り刃をあて親指で押さえます

②親指と人差し指でギュッと押さえると皮が割れます

③スプーンとしても使えます

 

要は爪で切り込みを入れていた工程を、このプラスチックの刃で簡単にできるってアイテムです。

ネイルなどで爪が長い人なんかにとってはなかなか便利なシロモノ。

スプーンとして使うかどうかはおいといて(笑)

 

 

さてさて実食。

 

零下20℃の寒さで鍛えられている中国河北省・青龍県産の特別な栗を使っているってだけあって、

たしかに上品な甘さと粘度を持った美味しい栗ですね。

味的にシンプルといえばシンプルですが、飽きのこない、いつままでも食べていれそうな栗。

ちなみに「国産じゃないの?」なんて思ってしまう人もいるかもですが、和栗は甘栗には向いていないそうで。

甘栗向けとして美味なのは中国種なんですって。

 

甘栗むいちゃいましたに慣れてしまった身としては、やはり皮を剥くのは大変ではありますが、

その手間をかけて一粒ずつ楽しむ感覚がまたいいですね。

親しい知人やお世話になっている人への手土産なんかに向いていると思います。

イシイの甘栗、一度お試しあれー。

 


イシイの甘栗 浅草六区店

東京都台東区浅草2-4-6 TEL:03-5828-0622

営業時間:10時~19時 定休日なし

イシイの甘栗公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事