【浅草グルメ】ニュー菜苑

【浅草グルメ】ニュー菜苑

ニュー菜苑

ニュー菜苑

 

演劇人が送る浅草グルメ紹介シリーズ!

 

出演舞台が続いて立て込んでいたこともあって、久しぶりの食べ歩き記事の投稿でございやす。

いや、食べる時間は捻出できるんだけどね、こうやって文章に起こす時間がなかなかしんどくて。。。

年末年始で仕事も稽古も納まり、ちょっと時間が取れた今こそ書くべき時だ!ってことで、はりきっていってみよー!

 

 

今回はニュー菜苑だよ!

 

 

ニュー菜苑長男

このニュー菜園は、まさに知る人ぞ知るなお店。

店名を聞いてピンとくる人は「おおおっ!まさか!?」と声を上げるお店です。

 

 

みなさんは『純レバ丼』というメニューをご存じでしょうか?

孤独のグルメで紹介された亀戸『菜苑』の純レバ丼が有名なのですが、

それと系列店で以前浅草にもこの純レバ丼を提供しているお店が2店ありまして。

 

1つはすしや通りにあった『あづま』。

不動のメニュー純レバ丼に加え、『あれ』と呼ばれる鶏の甘酢あんかけも人気。

加えてとんねるずの番組で「きたなシュラン」に認定され、夕方早い時間から賑わうお店でした。

しかし残念ながら数年前に起きた火事をきっかけに閉店。

 

もう1つは、浅草3丁目の千束通り入り口にあった『菜苑』。

『あづま』とは姉妹店で、こちらも純レバ丼が定番の人気店でしたが、再開発による建て壊しが理由で3年前に閉店。

いまは大きなマンションに建て替えられ、かつての店舗の位置にはローソンが入っています。

 

つまり2店舗ともすでに閉店。

なんと浅草にはもう純レバ丼を食べられるお店がなくなってしまっていたのです。

純レバ丼マニアにとっては何と心苦しいことか。

 

 

そこに満を持して現れたのが、この『ニュー菜苑』だったわけ。

 

屋号のとおり浅草3丁目の菜苑のリニューアル店で、

もちろんあの純レバ丼はそのままの味を継承して提供!

これはもう嬉しい限りですな。

 

 

ニュー菜苑の店内

ランチ営業はしていないので営業時間は夜のみ。

4人掛けテーブル席2つに、2人掛けテーブル1つ、カウンター席もあったけど物が置いてあったのであんまり使ってなさそう?

もしかしたらコロナ対応でカウンター席は閉じちゃってるのかも。

席数はそれほどないので、確実に入りたいなら17時半~19時ぐらいの時間帯を狙ったほうがよいかもです。

 

 

ニュー菜苑のメニュー

以前の店舗よりはかなり厨房が手狭になっているようで、メニューはかなり絞られていました。

 

純レバ丼 1,100円

純レバ 800円

餃子 400円

タンメン 800円

中華丼 900円

天津丼 1,000円

「ぬか漬け、たまにありマス」ってのはおもしろい(笑)

 

 

瓶ビールはセルフ

瓶ビールはセルフね。

 

 

 

ホンジャマカ石塚

店内にはホンジャマカ石塚さんとの記念写真が。

このお店は女将さんと奥さんとその長男さんで回してらっしゃるみたい。

ご主人はもう厨房立ってらっしゃらないのかな?

お元気なのでしょうか。

 

 

 

純レバ丼

下調べで何食べても美味しいことは知っているんですが、

やはりここは純レバ丼いっちゃいたいところ。

5分程度でサクッと着丼!

 

ご飯の上にそれを覆いつくすたっぷりの鶏レバー、

そしてさらにその上からたっぷりと被さるネギ。

いやもう、これこれー!って感じです。

 

 

あたらしい純レバ丼

甘辛いタレがたっぷりと染みたレバーと白米。

レバー特有の臭味や、もさっとした食感もなく、数回噛むとスーッと溶けていく感じ。

やっぱりめっちゃ美味しい。

ホント、この純レバ丼を思いついた人がいたことに感謝だわ(笑)

 

 

中華スープ

スープは鶏ガラダシの中華スープ。

このまんま麺入れてもラーメンとして成立しそうなしっかりしたダシ。

ほっこり安定の美味しさです。

 

 

ゴチソウサマー。

 

 

ここ浅草に純レバ丼が堂々復活!

そう大声で叫びたい師走の夜でございました。

いやぁ、満足満足。

 

浅草ではもう二度と食べられないものだと思っていただけに感動ひとしお。

隠れ家的でこじんまりとした町中華というロケーションも手伝ってか、その美味しさも倍増です。

純レバ丼の味を再び味わいたい方も、まだ未体験の人も、ぜひぜひこのニュー菜園の純レバ丼を試してみてくださいまし!

 

したらな!

 


ニュー菜苑

東京都台東区浅草4-35-1

営業時間 17:30~23:00(火曜土曜休み)

浅草グルメカテゴリの最新記事