【日常】PCR検査の世田谷モデルは1兆パーセント愚策だと断言しとく

【日常】PCR検査の世田谷モデルは1兆パーセント愚策だと断言しとく

PCR検査の世田谷モデルは1兆パーセント愚策だと断言しとく

 

世田谷区の保育士ら2万人、一斉PCR検査へ…症状の有無問わず

東京都世田谷区は、区内すべての介護施設職員や保育士ら計約2万人を対象に、発熱など症状の有無にかかわらず、新型コロナウイルスのPCR検査を一斉に行う方針を固めた。総額約4億円の費用は公費負担とする。厚生労働省によると、自治体による無症状者への大規模検査は異例。

区幹部らによると、検査対象は、区内で勤務する介護職員や保育園・幼稚園の職員、特別養護老人ホームの新規入所者。9月開会の区議会定例会で関連事業費を盛り込んだ補正予算案が可決されれば、区は施設ごとに希望者を募り、検査を開始する。検査完了には約2か月かかるとみている。

(中略)

保坂展人区長は7月下旬、「いつでも、どこでも、何度でも受けられる『世田谷モデル』を目指す」と表明。複数人の検体を混ぜてまとめて検査し、陰性の場合は全員を陰性と判断する「プール方式」を導入し、検査能力を1日3000件に向上させる考えを示している。

引用元:読売新聞

 

 

 

世田谷区民は怒ったほうがいい。(-“- )

 

 

これ、どう考えても確信レベルで愚策なんですけどね。

ツイッター見てると「さすが世田谷区!」「これをお手本に日本全国に広めよう!」なんて賛同の意見がけっこうあって、これにはちょっと驚き。

 

ほ、本気で言っているのか・・・。

自分のアタマでちゃんと考えて!(汗)

 

 

 

だいぶ世間の風潮は変わってきているはずなんですが、

どうもまだPCR検査をやりまくることがコロナ禍の解決策だと信じてやまない層が多いようで。

仮に全国民にPCR検査したところで、根本解決にはまったくならないよ!

 

 

この世田谷区の2万人検査、続いて行うとしている世田谷モデル。

とりあえずツッコミどころが多いので1コずつ書き出していきます。

 

 

1.PCR検査で陰性と言われても安心材料としての意味が薄い

PCR検査は70%程度の感度しかないとされてます。

これは本当は陽性なのに陽性とされない人が3割も出てくるということです。

この検査で「あなたは陰性ですね、大丈夫!」って言われて、なにか安心できます?

 

2.今日の陰性者が明日の陰性者である保証がまったくない

ニュース記事では「一斉検査」といってますが、実際は2万人全員の検査を終えるのに2ヶ月かかるそうです。

日で割ると、1日あたり300人弱程度の検査を繰り返していくことになりますね。

ちっとも一斉じゃないじゃんよ(汗)

 

初日に検査を済ませた300人が、仮に陰性だったとします。

でも、その300人は明日も陰性なの?

明後日も陰性なの?

 

街中には無自覚無症状の保菌者はいくらでもいます。

「今日のあなたはとりあえず陰性です」なんて判定、何の安心材料にもなりません。

2か月かけて2万人全員の検査を済ませたところで、この時点で安心なのは最終日に検査を受けた300人だけ。

残り1万9700万人は、ただの「過去に検査してそのときは陰性だった人」でしかないってことに気付きましょ。

 

3.検査のための財源はどこ?

PCR検査は費用がかかります。

今回の2万人検査では、世田谷区は4億円かかると見込んでいるそうです。

1人あたり2万円の計算ですね。

 

今後世田谷区ではプーリングという8人同時に検査する方式を採用していきたいとのことです。

これによって1人あたりの検査費用は抑えられると思いますが、さすがに単純に8分の1になるとは思えません。

(検出工程だけがコストじゃないんで。受付窓口の人件費もすべてコスト。)

仮に1人あたりにかかる検査費用を5千円と設定しときましょうか。

 

そうすると、世田谷区長がぶち上げている「いつでも、どこでも、何度でも受けられる」世田谷モデルってやつでは、世田谷区民が約90万人いるので、仮にみんなで2回ずつ検査を受けると、かかる費用は90億円になります。

PCR検査なんて受けないって人もいると思うし、逆に毎週のように検査を受け続ける人も現れそう。

そのため確かな金額は算出が難しいですが、どちらにしろ大きな額になるのは間違いないでしょう。

 

しかし、現時点でこの財源をどこから持ってくるのかは発表されておらず。

 

市長が「ふるさと納税お願いします」とかメディアで発言してるのは、ギャグなのか本気なのか。。。

また、世田谷のコロナ対策会議の中でもクラウドファンディングとか寄付頼みの空気。

区で借金すればいいなんて意見も出てます。

第21回世田谷区新型コロナウイルス感染症対策本部会議(新型コロナウイルス感染症対策に係る有識者との意見交換)会議録

 

どうやら現時点で準備された財源はない、ってことで間違いなさそうですよ。

 

世田谷区の財政

引用元:区のおしらせ「せたがや」平成30年4月15日号

上の図は世田谷区のHPより。

いま世田谷区はふるさと納税による税収が40億円少なくなってるせいで、

このまま減収額が拡大していくと区の行政サービスに影響が出るおそれがあると言ってます。

仮にいま90億円をPCR検査にジャブジャブ使った場合、区の行政サービスって先行きどうなる感じなんですかね?

 

おそろしや((( ;゚Д゚)))ブルブル

 

4.検査者、医療従事者、病床、それぞれのリソースどうすんの?

実際に数百人規模のPCR検査を毎日続けていくとして、

ぱっと考えても、検査する場所の用意、検査にあたる人員の用意が必要になるのがわかりますよね。

 

検査だけならそれで済みますが、検査を進めていけば陽性者が必ず出てきます。

症状があるようであれば病床が必要ですし、軽症や無症状であってもホテルなどの隔離場所が必要です。

また、治療に当たる医療従事者、隔離者の管理業務を行う者、それぞれ必要になっていきます。

 

これらのリソースを世田谷区はどこから引っ張ってくるつもりなんでしょ?

すでにこんな状態らしいんですけど・・・

 

 

あと、こちらは世田谷区医師会PCR検査センターHPのお知らせ。

こちらからは「ウチを巻き込まないでくれ」感がものすごい出てます(苦笑)

 

報道されております、いわゆる「世田谷モデル」事業と、世田谷区医師会PCR検査センターは全く関係ありません。世田谷モデルは別の事業であり、医師会員の出務協力及び義務などはありません。

引用元:世田谷区医師会HP 『報道されております「世田谷モデル」について

 

また、仮にリソースのアテがあったとしても、手配するには当然ながらお金がかかります。

ニュースで2万人検査で4億円見込ってありましたが、あれ検査費用だけであって、検査後の陽性者への対応まで視野に入れてるようには思えないんですよね。

大丈夫なのか、おい。。。

 

5.保育園や介護施設がバンバン閉鎖される見込みだけど、どうすんの?

いま無症状の保菌者が、街中に数えきれないぐらいにあふれていることは間違いありません。

DNAを増幅させてそれを検知するPCR検査は、まったく症状がなく健康そのものの体調の人に対しても、すでに免疫で倒し終わった後のウイルスの残骸を保持している人に対しても、容赦なく陽性の判断を下します。

2万人検査したら、平気で数百人の陽性反応者が出てもおかしくありません。

 

いまの世間の風潮では、陽性者が一人でも出たら施設利用停止となります。

たぶん普通に陽性者がたくさん出て、保育園や介護施設がバンバン施設利用停止になると思われますけど、その後の対処は考えてあるんでしょうか。

 

施設運営側は、休業を強いられて経営圧迫、勤務している従業員も出勤停止。

関連する業者(食事の仕入れ元とか)にも打撃を与えます。

施設利用者側は、従来の幼児や高齢者の預け先を失ってしまい、新しい受入先を探して争奪戦。

保護者が仕事を休まざるをえなかったりして、家庭にとって大きな負担となるでしょう。

 

そもそも未成年でコロナで亡くなった人、日本でいまだに1人もいないんですけど。。。

100歩譲って介護施設は検査してもいいかもだけど、保育園はいらなくないかい?

 

6.ゴールなくない? どこ目指してんの?

最後にこれ、ゴールがないこと。

実はこれが一番ファッキンな部分だったりして。

 

新型コロナウイルスがこの世から1粒残らず消え去ることはありえません。

なのでアフターコロナなんてありえず、やってくるのはウィズコロナです。

コロナありきの生活が永遠に続きます。

いまどんだけPCR検査をがんばって陽性者をあぶりだそうが、

来年も再来年もずーっとコロナウイルス保菌者は街中から消えることはありません。

 

何を目指して、いま大金使って検査すんの?

何を目指して、いま陽性判定者増やして雇用と経済の負担増やすの?

 

こんなん続ければ財政は当たり前に悪化していって、

いずれPCR検査やり放題なんて仕組みが金銭的に破たんするのは目に見えてます。

しかも、そうなったときにも新型コロナウイルスは存在していて、変わらず世間にあふれてるワケで。

大金使ってちょっとだけ感染拡大遅らせて、その先には何にも根本解決してないウィズコロナの世界があるだけなんですけど。

 

いったいどこにゴールを設定してるんだろう?

着地点を見てない方策って、それ割とガチで致命的だと思います。

 


まとめ

もう一度言っとこうかな。

世田谷区民は怒ったほうがいい(笑)

 

2万人の検査に4億円、今後の世田谷モデルとやらに90億円。

今回の方策によって、それに見合った効果が出るとは1ミリも思えません。

 

今回の話は「検査増やして拡大食い止めて安全を確保します!」って感じで聞こえはいいですが、

中身を吟味していけば、それが有意義であるかないかは一目瞭然です。

政治家の何かやってる感に付き合ってたら終わっちゃいますよ。

 

何が意味があって何が意味がないのか、自分のアタマで考えよー!(またパクリ)

したらな!

日常カテゴリの最新記事