【演劇】 ラクリーメ・ロッセの読書会 初顔合わせ

ラクリーメロッセの読書会

 

11月25日~12月6日で上演する公演 『ラクリーメ・ロッセの読書会』、

初顔合わせに行ってきた!!(° ꈊ °)

写真、あっちゃん顔ブレ過ぎ!(笑)

 

 

まぁ、スタートがいきなり飲み屋なので、

台本読みをすることもなく、フツーにワイワイやっただけだけどね(笑)

 

場所は池袋東口のもつ鍋帝王!

その名前のとおり、もつ鍋のお店でニラとにんにくたっぷりのチョイ辛もつ鍋がウリ。

めっちゃ混んでた!!

そしてめっちゃウマかった!!

 

 

メンツは、

 

ジレンマが嗤うで俺の親分役を演じ、

前回のワークインプログレス公演と同じ役で続投する

いろんな意味で弾丸ボーイ・田中惇之!

 

前回は客席にいたお客という立場だったのに

ちゃっかり出演者となっている永遠の童貞設定、カプセル兵団・青木清四郎!

 

稽古中は安定した演技を見せ演出家の信頼を勝ち取ってから

肝心の本番になって崩れて不安定さを見せつけるという

上げて落とすをセルフィッシュにこなしてしまう26歳。

しかも今回の顔合わせにおいては、日にちも、時間も間違え、さらに道にも迷うという奇跡の男、

風雲かぼちゃの馬車・西村隆主!

 

寡黙なイケメンキャラだけど本番初日で長ゼリフぶっ飛ばす経験を持つ

お茶目な時限式地雷持ちハンサム美少年、和木亜央!

 

 

脚本家の滝本祥生さん、演出の笹浦暢大、制作の山下那津子も加わり、

芝居の話1割、自己紹介1割、下ネタ8割のドンちゃん騒ぎヾ(´ρ`)ノ゛

いやー、楽しかった。

まったく気を遣い合わない仲っていいわなぁー。

あっちゃんと青木の下ネタのエグさに、滝本さんが若干キャスティング後悔してたけどね!(笑)

 

さてさて、頂いた改訂台本を持ち帰って、

頭にセリフを叩き込んだ上で14日から稽古スタート。

ラクリーメ・ロッセの読書会、面白くしてみせますぜぃ!