【浅草グルメ】浅草九重

【浅草グルメ】浅草九重

浅草九重

浅草九重あげまんじゅう

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

いろんなお店を巡っているのになぜか仲見世のお店スルーしまくっていることに気付き、

ここらでいっちょ行っておこうってことでやってきました。

 

 

今回はあげまんじゅうの浅草九重(ここのえ)です。

 

 

何回覚えても「くじゅう」と読んでしまう物覚えが悪い自分がいますが(苦笑)

はい、正しくは「あさくさここのえ」ですのでお間違えなく。

1回間違えて覚えちゃうとなかなか抜けないんだよな。。。

 

 

浅草の仲見世通りで一番人気のあげまんじゅう屋

お店の位置は仲見世通りの奥のほう。

浅草寺側から3軒目ぐらいの位置になります。

 

たしか昔は仲見世の店舗1軒ぶんの狭いスペースで営業されていたのですが、

観光客から人気が出てからは2軒ぶんを間借りするようになったみたいですね。

お店が大きくて看板も鮮やかなので仲見世の中でも目を引きます。

 

また、混雑時の仲見世ってちょっと立ち止まりにくい雰囲気がありますが、

浅草寺幼稚園前のエリアでお店が片側にしかなく、道幅が比較的広いのは好条件ですね。

立ち止まりやすい、お店の前で食べやすいってのは、お客さんの購買意欲に直結しやすいかも。

 

 

あげまんじゅうのメニュー

 

九重の店頭の商品ディスプレイ

はい、店頭のあげまんじゅうのラインナップはこんな感じ。

昔はノーマル、黒ゴマ、抹茶、金ゴマ、かぼちゃぐらいしか種類がありませんでしたが、

今はさつまいも、カスタードクリーム、桜あん、もんじゃ、カレー、チョコレート、栗などが新たに加わり

サーティーワンアイスばりに彩りある並びとなっています(笑)

 

 

 

 

あげまんじゅう5種

とりあえず今回は5種類ほど買って持ち帰りー。

どれも魅力的だったので悩みましたが、

ノーマル、黒ゴマ、抹茶、カレー、もんじゃをチョイスしてみました。

 

 

 

ノーマルあげまんじゅう

まずはノーマルなやつ(130円)。

 

衣は天ぷらっぽいというか、まさに天ぷらそのものって感じです。

でもベタッとした重たい感じはなく、冷めてしまってもサクサクがキープされてますね。

厳選した3種の油を混ぜたもので揚げてるらしいです。

(具体的には3種が何かはググッても出てこなかったけど)

 

あげまんじゅうの断面こしあん

中の餡子はこしあん。

衣のほのかな塩気もあって甘さが際立ちます。

観光で小腹が空いたタイミングには思いっきり刺さりそうですね。

 

 

 

黒胡麻あげまんじゅう

お次は黒ゴマ(150円)。

 

以前から浅草九重で何度かあげまんじゅうを買って食べたことがありますが、個人的に一番好きなのはコレ。

黒ゴマと餡子のコンビが裏切らないのは言わずもがなですが、あげまんじゅうでもそれは一緒ですね。

 

黒胡麻あげまんじゅうの中はつぶあん

衣の内側にびっしりと黒ゴマの層があって、香ばしくて美味しいです。

ちなみに餡はつぶあんですが、粒感はだいぶ低めで結構こしあんに近いテイストかも?

 

 

 

抹茶のあげまんじゅう

お次は抹茶(170円)。

衣にも餡にもたっぷりと抹茶が含まれています。

上品な味わいでしっとり美味しいです。

 

抹茶あげまんじゅうの断面

でも、今回失敗したのはもんじゃ味と一緒に購入して同じ袋に入れていたこと(汗)

そしたらもんじゃ味の海苔の香りがこちらにも移っちゃいまして、それが抹茶の繊細な香りを上回っちゃった感じに。

これ、たぶん何も知らない人だったら「海苔あげまんじゅうだよー」で騙せる自信がある。

人間が食べ物判断するときって、嗅覚の比重がホント高いんだなぁと実感しました。。。

 

 

 

もんじゃあげまんじゅう

はい、次は変り種のもんじゃ(200円)。

前述したとおり海苔の香りがけっこう強いので、衣はちくわの磯辺揚げに近い感じ。

 

 

もんじゃあげまんじゅう断面

中にはとろりとしたソース味のもんじゃペーストが入っていて、

饅頭菓子というよりはお惣菜というテイストですね。

俺、これおかずに白米普通に食べれるわ(笑)

 

 

 

カレーあげまんじゅう

最後にカレー(200円)。

商品バリエーション作るときにカレーってありきたりだよねー、なんて侮っちゃあいけません。

一度食べてみると、そんな雑なアイデアでテキトーに作ったものでないことがわかります。

中に入っているカレーがなかなかに本格的なんですよね。

 

カレーあげまんじゅうの中は結構本格派のカレールー

豚肉と牛肉を両方入れていて肉の旨味たっぷり。

後から走るようにやってくる意外な辛さがクセになります。

自分もぶっちゃけありきたりと侮っていたので、思わぬダークホース登場に驚きました。

 

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

 

仲見世にあるあげまんじゅうのお店「浅草九重」。

浅草買い食いグルメとしては、手軽でリーズナブルなので非常に利用がしやすくオススメです。

宝蔵門の横にはベンチ付きの藤棚もあって、小休憩にも向いてる立地です。

 

雷門→仲見世→浅草寺ルートで観光の際には選択肢に入れて損はないですよっ。

したらな!

 


浅草九重(ここのえ)

東京都台東区浅草2-3-1

営業時間 9:30~19:00

03-3841-9386

浅草九重公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事