【浅草グルメ】寿司令和

【浅草グルメ】寿司令和

寿司令和

浅草の寿司令和

 

演劇人が送る演劇グルメ紹介シリーズ!

しばらく甘味処を攻めていましたが、今回はがらっと趣旨変更でお寿司屋さん。

 

 

今回は寿司令和に行ってきました。

 

 

お店の場所はオレンジ通り沿い。

皆に愛された老舗の喫茶店アンジェラスは閉店したあとは駐車場となってしまいましたが、

ちょうどその交差点のところにあるレンガの建物の2Fテナントにお店が入っています。

前は喫茶店が入ってたテナントだったっけかな?

 

 

令和

お店がオープンしたのは去年ぐらい。

そのときは新しい寿司屋が出来たんだなぁとしか思っていなかったんですが、

文春オンラインの記事で初めて知りました。

なんとミャンマーの方が板前を務めるお寿司屋さんなんですね。

 

 

「なんでガイジンが握ってんだよ!」から始まった……ミャンマー人が浅草に“本気の寿司屋”を出した理由

南国の顔立ちを見て驚くお客もいる。が、料理を口にすると、表情が変わるのだ。ほどよく脂の乗ったネタとシャリとが口の中でほどける。甘さと一緒にとろけていく。一品料理だって、白魚の唐揚げは磯の香りが立っているし、活しじみの出汁が効いた玉子焼きのふんわり優しいこと。日本人でこの味を出せる人が、どのくらいいるのだろうかと思う。

ここはマウンさんたち、ミャンマー人が経営する寿司屋なのだ。腕を振るう3人の板前は、日本で長年、日本人とまったく同じ土俵で、寿司職人として修行を積んできた人々。彼らが独立し、浅草で勝負をかけて出店したのが、この「寿司令和」だ。

文章引用:文春オンライン

 

 

「外国人が寿司を握るなんて」という偏見は世間にはまだまだ多そうですが。

でも、それを言ったら「日本人が作ったフランスパンやピザ認めないの?」と全く同じことですもんね。

正直言ってかなりつまんない考え方だと思います。

 

下調べにGoogleレビューの評価をチェックしてみましたが軒並み高評価ですね。

もちろんそこには「外国人の寿司など認めるか!」という負のバイアスと、

「外国人の寿司職人を応援したい!」っていう正のバイアスの両方がかかっているんだろうけど。

良くも悪くも偏見なしにフラットな感じで感想を書けるように臨むぞーー!

 

 

 

寿司令和の店内写真

はい、平日13時過ぎの来店!

店内の内装はこんな感じ。

少し大きめの昭和レトロ系喫茶店の雰囲気ですね。

自分がお店に入ったときは先客は2組だけでしたが、

そこからお客さんの波が来て自分が帰るまでにはほぼ席は埋まった感じでした。

 

 

ランチメニュー

ランチメニューはこんな。

安い!しかしピンボケしてるスマン!

 

丼物が650円のラインから。

にぎりセット系でも1,100~2,800円程度の価格帯です。

こりゃあ日頃から使いやすくていいですね。

 

 

握りメニュー

握りも全て1貫から注文可能。

玉子70円から大トロでも290円というリーズナブルさです。

 

 

 

いちおうレギュラーメニューも載せておきます。

刺身盛り合わせとかビジュアルめっちゃ豪勢になのに3,500円。

これはリーズナブル過ぎる・・・・!

 

 

 

ランチ握り

はい、今回注文したのは握りランチセット(税抜1100円)です。

左奥から、マグロ、烏賊、サーモン、カンパチ、蒸し海老、

手前左から、穴子、アジ、ネギトロ、鉄火巻。

全体的にシャリに対してネタ大きめで、これで味噌汁と生野菜サラダついて1100円はやばくない?

 

 

みそ汁 サラダ

セットのみそ汁とサラダ。

 

 

うん、美味しい!

 

なんかねぇ、ネタが全体的にクオリティ高いっす。

自ら市場に出かけて目利きをしてネタを仕入れているそうですが、

どのネタも新鮮ぷりぷりで甘くて口の中で溶けていきます。

 

シャリは箸で持った時に崩れたのがいたのでちょい緩いのかも。

でも気になるほどではないかな。

 

個人的には穴子が一番好みでした。

炙られた表面の皮の香ばしさとほろほろの身の食感がステキ。

穴子だけでも何貫も連続食いできそう。

 

 

玉子とかっぱ巻き

こちらは子供用にお願いした玉子(70円)とかっぱ巻き(160円)。

玉子も見てのとおりボリューミーな肉厚。

卵そのものと和風だしの味を生かした優しいお味となっておりました。

 

かっぱ巻きもキュウリがでかい。

通常お寿司でネタが大きいことは嬉しいことだけど、

かっぱ巻きは別に大きくなくてもいい気はした(笑)

白胡麻が内部にまぶされていて、味と香りに立体感があって美味しかったです。

 

 

 

玉子を食べる子供

我が子はひらすら玉子のおねだり(笑)

 

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

せっかく満足度の高いお料理だったのに、

俺の両手が塞がった一瞬の隙をついて我が子がわさびを指でいたずらペロリしてギャン泣きするというハプニングに見舞われてしまい、慌てて退散することになってしまったのだけ大反省。

お騒がせした&お味噌汁完食できなくてスンマセン。

そしてわさびに手を伸ばせちゃう隙を与えてごめんよ、我が子。

 

 

うん、お高いお寿司屋さんが並ぶ浅草界隈において、

この値段でこのクオリティの寿司を食べられるお店はかなり価値が高いと思います。

最近メディアなんかでも紹介される機会があったみたいだし、

これからも繁盛して浅草に根付いていってほしいなぁと思えるお店でした。

 

お昼時ど真ん中はちょっと混むのかもね。

ランチタイムが11:00~15:00とちょっと余裕があるので、ちょいずらしの訪問のほうが落ち着いて食べられるかもです。

ミャンマー人の職人が握る美味しいリーズナブル寿司!

機会あればぜひぜひどうぞー。

 

したらな!

 


寿司令和

東京都台東区浅草1丁目21−3 エリカビル

営業時間 平日11:00~15:00、17:00~22:00、土日11:00~22:00

03-6875-3773

寿司令和公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事