【日常】自殺者とコロナ死亡者の命の天秤

【日常】自殺者とコロナ死亡者の命の天秤

コロナによる社会の変化で自殺者が爆増した

自殺増加

10月の自殺急増―警察庁速報 : 女性は前年比1.8倍に

警察庁のまとめで、2020年10月の自殺者数は速報値で2153人となった。前年同月比で39.9%(614人)の増加。自殺者数は2010年から19年まで10年連続で減少。20年に入ってからも1~6月までは前年同月比マイナスで推移していたが、7月以降は4カ月連続で増加している。1~10月の累計の自殺者数は1万7219人で前年同期より160人多い。

男女別でみると、男性は前年比21.3%増の1302人、女性が82.6%増の851人で女性の増え方が目立っている。都道府県別では東京の255人が最も多かった。

引用:ニッポンドットコム「10月の自殺急増―警察庁速報 : 女性は前年比1.8倍に」

 

先日出された自殺者増加のニュース。

自殺者の数が去年の同じ時期よりも614人多かったという内容です。

去年まで減少傾向にあった自殺者が一気に跳ね上がってしまいました。

 

こないだの出生率低下のニュースに負けず相当ショッキングなニュースですが、

こちらもそこまでメディアで大きく取り上げられていません。

もしこれが「大事故が起きて600人の死者が出ました!」とかのニュースだったら、報道されまくりだと思うんですが。

同じ600人の命が失われた内容なのにね。

なんかおかしくね?

 

 

 

去年より自殺が増えた。

じゃあ、去年と今年で何が違うのか。

 

 

これは明らかに新型コロナウイルスという回答一択になりますよね。

それ以外の要因は思いつきませんし、例えあったとしても新型コロナによる影響に比べりゃ微々たるものでしょう。

つまり、新型コロナウイルスによる社会変化が約600人の自殺をもたらした、と言っていいと思います。

もうこれは断言レベルしちゃっていいでしょう。

 

自殺者増は今後も続く

これは持論でありがなら間違ってもいないと思うのですが、

自殺って「いまこの瞬間の不幸が辛いから死ぬ」ではなく、

大半は「この先に希望がないから死ぬ」なんじゃないかと思います。

(衝動的に命を絶つケースは特殊なので除きますが)

 

恋人を失った、家族を失った、仕事を失った、生活を失った、など、

これらはどれも大きな不幸ではありますが、

不幸に遭遇したその日その瞬間に命を絶つことはなかなかありません。

その不幸によって辛い時間を一定期間経験し「明日明後日も、これからずっと希望がない」となったときに命を絶つことがほとんどなんじゃないでしょうか。

 

 

考えてみれば簡単な話ですよね。

 

借金苦で自殺しようとしてる人がいたとしても、明日借金がチャラになるなら自殺しないでしょう。

学校でいじめられていて自殺しようとしている人がいたとしても、明日いじめっ子が全員転校していなくなのであれば自殺しないでしょう。

抱えている不幸が解決する未来が見えているなら人は命を絶つことをしないんです。

だから、逆に未来にそういった希望がみえないと命を絶つことを考え出しちゃう。

 

 

これを前提にすれば、コロナ禍を理由とした自殺者増が来月や再来月で終わるとはとても考えられません。

 

 

だってコロナによる社会変化とその生き辛さは、今月も来月も何にも変わりませんもん。

それどころか最近の感染者数増加で「第3波だー!」なんて言ってて、閉塞感は強まる見込です。

 

さらに経済的な面でも、

不渡猶予措置や持続化補助金でギリギリの事業者のギブアップがぼちぼち出る頃ですし、

ニュースで連日報道されているとおり大企業であっても人員整理とボーナス減額は免れず。

失業者増加、さらに失業者の再就職も当面厳しい見込み。

 

さきほど書いたとおり「明日明後日もずっとこの辛い生活が続く」という状況なわけで、

いままさに精神的に追い詰められている最中の人達の脳内には、

自殺という選択肢がますます強くよぎるようになるでしょう。

今月も来月も、たぶん自殺者増は同程度もしくはそれ以上になるとみて間違いないんじゃないでしょうか。

 

自殺者とコロナ死亡者の命の天秤

命の天秤

いま新型コロナウイルスという感染症疾病によって亡くなった人が約1,800人。

亡くなった人の平均年齢は夏時点でのデータだと79.3歳です。

それも大半が基礎疾患ありだったそうで。

 

で、自殺者が10月で前年比600人増だったってことは、

11月も12月も同程度と想定した場合、こちらも3ヶ月合計で約1,800人。

来年も視野に入れるととんでもない数になっていきます。

自殺者の大半は健康的な若年層~中年層です。

 

 

どちらが深刻度が大きいと思います?

平均寿命ギリギリ手前の基礎疾患持ち高齢者の命を守り続けるために、

若い世代が生活を削って、より多くの命を散らせているいまの状況は、明らかにズレてますよね。

 

 

そんなことを書くと、

「命は平等であるべきだ!」

「命の価値を比べちゃいけない!」

って感じでプンスカ怒る人もいそうですが。

 

 

でもね、命が何よりも大事で尊いモノと思っているから、それを平等だとしたいわけでしょ?

その命の平等性を主張した結果、失われる命が増えて世の中の不幸が増えるのであれば、

それってクソ偽善オナニー思考でしかないと思うんだけど。

なんか俺おかしいこと言ってます?

 

冬になればコロナ感染者も死亡者も増える、・・・でも

既存の4種のコロナウイルスによる風邪もそうだし、

インフルエンザもそうだけど、

冬になれば寒さと乾燥による免疫低下で人は感染症に罹りやすくなります。

 

新型コロナにおいてもこれは変わりないでしょう。

だからほぼ間違いなく感染者も死亡者もこれから増加傾向になると思います。

でもどんなに感染者が爆増しようが、死亡者に関しては再度第一波並の数になるとは考えにくいです。

(夏の第二波での死亡者数激減から、第一波時に比べて対処療法確立や集団免疫獲得など何らかのプラスのファクターがあるのは間違いないので)

 

 

新型コロナウイルスは人間にとって死亡リスクのひとつであることは間違いありませんが、

それを恐れて無菌室に入ってすべてを犠牲するほどのリスクでないことも明らかです。

 

 

自殺数増加、前にも書いたとおり出生率低下も顕著です。

目の前の小さなリスク回避を必死こいてがんばってる間に、

ほんのちょっと先の未来でとんでもなく巨大なリスクが膨らんでる実感をみんな持ちましょ。

その実感が持てているなら、いま「第三波だワーッ!」って騒ぐことがいかにマイナスでアホらしいことであるかがわかるはずです。

 

 

 

いま「新型コロナウイルスを過剰に怖れるな!」って声を上げることで、

もしかしたら基礎疾患持ちの高齢者が何十人か余計に亡くなることになるかもしれません。

 

 

でも、

 

 

「新型コロナウイルスは殺人ウイルスだ!閉じこもれ!」って声を上げれば、

若い健康的な世代から何百何千の命が亡くなることになります。

これは先の話だから実感が沸かないだけであって、必ず訪れる不幸。

 

選ぶならどちらがいいですか?

 

「命を天秤にかける」という行為をみんなすでにやってる

命を天秤にかけるという行為。

この行為自体を毛嫌いしたり、嫌悪感を持つ人もいるかと思います。

「命の重さをくらべるとは何事だガー!」って。

 

 

でもね、

もうみんなそれやってるんだよ。

自覚ないかもしれないけど。

 

 

ちょっと前に経済も回さなければいけないって世論が出始めた頃、

「経済か、命か」ってフレーズが出回りましたね。

新型コロナに過敏な人達は「命あってのものだろうが!」と言って後者が当たり前と主張しました。

 

 

でもさ、この「経済か、命か」ってフレーズ。

実質的には「命か、命か」でしかないことにとっくに気付いてるんじゃないですか?

 

 

萎縮によって失われる命か、ウイルス疾患によって失われる命か。

これが命を天秤にかけること以外の何よ?って話。

 

 

片方を命以外のワードに変換して薄めんな。

薄めて「命を天秤にかける」という行為をしてない風に振舞うな。

正々堂々と向き合え、「命か、命か」という問題に。

そして答えを出せ。

 

 

どうか世の中が不幸が少ないほうに流れていきますように。

コロナウイルス、正しく知って正しく恐れよう。

日常カテゴリの最新記事