【日常】26,331人の生まれてこないことになった子供たち

【日常】26,331人の生まれてこないことになった子供たち

26,331人の生まれてこないことになった子供たち

妊娠届

 

コロナで妊娠届11%下落 来年の出生数、大幅減少へ

全国の自治体が今年5~7月に受理した妊娠届の件数が、前年同期比で11・4%、2万6331件のマイナスとなったことが20日、厚生労働省の集計で分かった。来年出生する子どもの数は大幅に減る見通しとなった。新型コロナ感染拡大による雇用情勢や出産環境の悪化が影響しているとみられる。

引用:東京新聞 コロナで妊娠届11%下落 来年の出生数、大幅減少へ

 

これ5日ぐらい前に出たニュースですが、

すごいショッキングな内容なのに、それほど大きく取り上げられなかったのが個人的にはさらにショッキングで。

 

 

妊娠届の件数が1割減ったって話を聞かされても、

世間じゃ「妊娠届少なくなったってー。そりゃコロナ禍だったし、いま子供作ろうかって言われると考えちゃうのは当然だよねー」ぐらいにしか思われてない雰囲気。

おいおい、そりゃあないぜ。

 

 

まだまだ先のことっていう漠然としたイメージしか沸かないから何も感じないんだろうか。

妊娠届が26,331件少なかったってことは、これから生まれるはずだった命が26,331つ失われたってことなんだけどなぁ。

いま目の前で26,331人死ぬことと本質的な差は何もないんですけどね。

 

 

 

妊娠届が少なくなったってのは、もちろん産み控えで子作りを先送りにしたっていうのあるから、

今年妊活を控えた分が来年に上乗せされる可能性はあります。

でも、いま来年の同じ時期を考えたときに「妊娠届が去年の水準に戻って、さらに今年失われた26331件が上乗せされるからダイジョーブ!」とか本気で思ってます?

もしそう思っているならアナタは楽観主義コンテストワールドチャンプを名乗ってOK。

 

 

妊娠ってホント難しいのよ。

うちは数ヶ月でなんとか授かることができましたが、

友人夫婦の仲には何年も何年も病院通いを繰り返してやっと授かったところもあります。

 

経済難や就職難で来年以降も景気ダダ下がりが予想されるこの先の見えない状況で、

「妊娠タイミングを一旦無期限で失う」ってどれだけ大変なことか。

今年見送られたぶんが来年上乗せされるだなんて、甘い見通しにもほどがあります。

 

生まれるはずだった相当な数の命が、すでに未来から消え去ってしまった。

これはもう間違いないと断言できます。

 

 

コロナで亡くなる人と、コロナ対策でなくなる人

いまコロナで亡くなったのが1700人ぐらい。

そのほとんどが高齢者や基礎疾患ありの人です。

 

メディアに感染者どんどん増えてるぞ大変なことだーッと煽られ、

絶対に罹ってはいけない死の病だ、すべてを捨てて最優先で対策しなければならない、という価値観を刷り込まれ、

疾患による犠牲者を1700人に抑え込んだ結果、万単位の新しい命が未来から消えました。

 

自殺者も増えてます。

芸能人の自殺ばかりがニュースで出ますが、この3ヶ月は自殺者は去年同時期より391人増えてます。

(しかも自殺が増加したのは主に女性と若年層)

 

 

2020年10月はあと5日間で終わりますが、この10月はコロナ疾患によって亡くなる方は150人前後となりそうです。

それと比べて、今月の妊娠届は去年より何件減っているでしょうか?

今月の自殺者は去年より何人増えているでしょうか?

 

亡くなる人150人に対して、未来からいくつ命が消えて、さらに自ら命を経つ人が何人になるのか。

バランスおかしいのは一秒でわかりますよね。

 

 

いまだに「コロナは未知だ!まだ引きこもって身を守るべきだ!」なんて言ってる人。

もうとっくに「コロナに気をつけながら失業者、経済破綻者、自殺者、産み控えを1件でも減らす」段階に来てることに気付きましょ。

天秤を読み違えた先に待っているのはただの不幸。

 

 

少子化問題がマジでやばいことになっている実感をみんな持てていない

前にもブログで同様のことを書いたことありますが、

→過去記事:【日常】ぼくらが無菌室に入っている間に、未来から人の命が消えている

 

コロナ禍前の試算でも2050年までに日本の人口は3000万人減る見込みです。

3000万人消えるってのは、これはいま北海道・九州沖縄・中四国に住んでる人が全員消えるのと同じです。

北海道と関西より西の地域が人口ゼロになるって、これすごいインパクトじゃありません?

 

2050年に人口9000万人以下になったときには、その5分の2は高齢者。

「高齢ドライバーは能力が落ちてるんだから免許返納させろ!」なんて意見をよく耳にしますが、

これからその能力が落ちた人が10人中4人を占める世の中が待ってるわけです。

間違いなく生産性は下がるし、景気の上向きも期待できません。

 

年金も健康保険料もより多く取って少なく配る方向に進むし、所得税も消費税も当たり前に上がるでしょう。

「消費税反対ーッ!」ってときだけ声がでかい人が多いですが、消費税がそんなに嫌なら少子化対策についてもっと声あげないとやってること支離滅裂よ。

 

 

 

・・・はい、小難しいことをえらそうにズラズラ書きましたが。

とにかく言いたいのは「少子化が相当ヤバイ段階なのに世間の意識がそうでもないから、みんな優先順位上げて興味持ってくれ」ってことです。

 

少なくとも今がんばるべきはもうコロナ対策じゃない。

仮にコロナ対策がずさんになって疾患で亡くなる人が1桁増えてしまったとしても、

少子化問題によって迫る不幸の量の方が圧倒的に大きいのよ。

いまどんな対策をするかで30年後の人口が数百万単位で変わる可能性があるんだもん。

不幸の量は100~1000倍レベルの差があります。

 

 

少しでも明るい未来に促したいなぁ。

自分の息子が生きる30年後が、どうか少しでも幸せな世界でありますように。

アーメン。

日常カテゴリの最新記事