【浅草グルメ】ロッジ赤石

【浅草グルメ】ロッジ赤石

ロッジ赤石

ロッジ赤石

演劇人により浅草グルメ紹介シリーズ!

今回もレトロな喫茶店飯でいきたいと思います。

お酒も置いてるお店なので純喫茶って定義からは外れるけど、味のある古き良店なのは間違いない。

 

 

ロッジ赤石に行ってきました。

 

 

 

珈琲ロッジ赤石

お店の場所は浅草3丁目。

言問通りの大学芋の千葉屋たいやきの写楽のところから1ブロック北に入ったところ。

奥浅草というほど奥じゃないので、普通の浅草観光ルートからでも立ち寄りやすいです。

 

 

コロナ禍前は、翌朝4時まで営業している奥浅草のオアシスとして有名でした。

テレビでも紹介されていて、タクシーの運ちゃんなんかがインタビューに応えてるのを見た記憶があります。

(いまは残念ながら営業時間は短くなってしまったみたいですが)

 

 

浅草の老舗の喫茶店

もう店内のすべてに味がありますね。

あ、ちなみに創業は昭和48年なんだそうです。

若い頃のビートたけしも通っていたなんて話もチラホラ。

 

 

奥浅草のレトロ喫茶

たくさん並ぶ時計。

オシャレ―!!

 

なんでも創業者である先代が長野県出身で赤石岳から店名をとったんだとか。

店内の雰囲気ももしかしたら山小屋風を意識したところがあるのかもしれません。

 

 


しかもテーブルのいくつかは昔懐かしのゲーム機型。

(自分が案内された席ではないので写真は他の方のSNSからでスマソ)

このA~Mまでボタンがあるやつ、温泉街のマージャンゲームを思い出しますな。

確認はできなかったけど、さすがに稼働してはないのかな?

 

 

 

ロッジ赤石のメニュー ロッジ赤石のドリンクメニュー ロッジ赤石のパスタメニュー

メニュー。

喫茶店というよりは、洋食店ってジャンルのほうが合ってるかもですね。

パスタ、カレー、フライと何でもござれな感じです。

 

 

ナポリタン

まずはこちら、ランチメニューからナポリタン。

ロッジ赤石の定番メニューのひとつ。

 

浅草で食べる喫茶店のなつかしのナポリタン

昔懐かしのナポリタンってやつですが、

少し堅めにゆであげられた麺に濃いめのケチャップソースがおいしい。

コクがあって口の中にスーッと清涼感が長く残ります。

 

つきあわせがきんぴらごぼうってのはちょっと意外でしたが(笑)

Webで他の人のレビューを見るとサトイモの煮物だったときもあるようで。

このギャップが面白いですな(笑)

 

 

浅草で飲む珈琲

ランチメニューにはコーヒーがサービスでつきます。

サイフォンで煎れられたコーヒーは、ナポリタンと同じくコクが強めで後味濃ゆい。

自分は好みだけど、普段ブラック苦手な嫁はミルク入れても気になったみたい。

 

 

エビサンド

もうひとつの有名メニューのエビサンド(1,150円)。

いわゆる萌え断ってやつですな。

 

 

コレめっちゃうめーーーーーぇ!!ヽ(o`・∀・´)ノ

 

前評判を調べてあったこともあって期待はしていたんですが、

ここまで斜め上に期待を裏切って美味しいとは思わなかったです。

エビぷりぷり、フライサクサク、トーストされたパンも香ばしくて美味しい。

マスタードソースも好みでドストライクで、ずっとこれ単体で舐めていられるぐらいだわ(笑)

 

 

ロッジ赤石の推しメニューエビサンド

このエビサンドはマジで一度試してほしい。

そんなにいままでの人生でエビフライに感動したことなんてなかったんだけど、

ちょっと考え方改めました。

ああ、エビフライってこんなに旨かったのか。。。(゜ρ゜)

 

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

誰にでもオススメできる浅草の老舗喫茶店でした。

お値段的にはリーズナブルってラインではありませんが、

クオリティはそれだけ担保されてるのでコスパは逆にめっちゃ高いと言ってもいいかもしれません。

またお昼時はかなり混み合っていますが、その大勢のお客さんをテキパキと捌くお姉さま方の手腕を見て楽しむのもオツかもです(笑)

 

浅草観光の際にはお昼の選択肢にぜひっ!

したらな!


ロッジ赤石

〒111-0032 東京都台東区浅草3-8-4

営業時間 9:00~15:00(月曜定休)

0338751688

浅草グルメカテゴリの最新記事