【浅草グルメ】おいもやさん興伸 浅草伝法院東通店

【浅草グルメ】おいもやさん興伸 浅草伝法院東通店

おいもやさん興伸 浅草伝法院東通店

おいもやさん興伸

 

浅草在住演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

マイナーどころのほうが記事にしがいがあるから好きなんだけど、

ちょこちょこ有名どころも紹介しとかなきゃなーってことで。

 

 

はい、今回はおいもやさん興伸 浅草伝法院東通店です。

 

 

いやもう、浅草グルメを語る上では説明不要ですね。

非常に人気のある浅草大学芋の老舗。

テレビでもよく紹介されるので、名前だけでも耳にしたことがある人は多いはず。

浅草エリアに限って言えば、千葉屋と並んで間違いなくツートップと言っていいでしょう。

 

 

おいもやさん興伸のスイートポテト

ほい、このおいもやさん興伸。

 

浅草エリアだけでも浅草松屋内を含めて6店舗も存在し、

巣鴨や東京大丸まで含めると2021年時点で12店舗も展開されています。

1876年の創業から一歩一歩確実にご商売を広げてきたんですね。

(先日新仲見世通り店はたたんじゃったみたいですが)

 

 

ちなみに扱っている大学芋は4種類あって、

 

 

● 小町(こまち)
キメの細かい口当たり
サツマイモの女王と呼ばれる千葉県香取市産紅小町を使用しております。外皮は鮮紅色、中は黄色、繊細で上品な味です。栽培が難しい為、熱心で優れた生産者としか契約栽培出来ない貴重な品種です。

● さつま
上品でソフトな食感
契約栽培の鹿児島県産紅さつま・千葉県産紅高系を使用しております。皮色・肉色とも濃く食味も良い。
鳴門金時、土佐紅、コトブキと兄弟分。

● みやび
しっとりとした食感
サツマイモの栽培に適した気候風土のインドネシアで産出。色、味に優れた品種を厳選し、無農薬により安全な契約栽培をしております。冷やして食べても美味しいです。

● あずま
あざやかな黄金色
色、味の良い品種「ベニアズマ」を厳選。サツマイモ生産に適した気候風土のインドネシア・ベトナムで契約栽培をしています。無農薬栽培で安心・安全です。

※ おいもやさん興伸公式ホームページより引用

 

といった特徴があるんですが、実は店舗や季節によって取り扱い有無が違います。

ほとんどの店舗がこの中から2種のみの扱いなんですよね。

この店舗は「小町」と「さつま」のみとか、この店舗では「さつま」と「あずま」のみ、みたいな感じ。

 

なので、1店舗では全4種類の大学芋を試すことができません。

逆に浅草エリア内の店舗を渡り歩いて4種全制覇を目指すなんて楽しみ方もアリかもしれませんね。

 

 

あずまとさつま

今回訪れたのは浅草伝法院東通店。

仲見世通りと伝法院通りの交差点のすぐそばにある店舗です。

有名なラーメン屋の与ろゐ屋のすぐ近くですね。

 

浅草エリア内では、立地もあってかこの浅草伝法院東通店が一番混みあいます。

土日の日中はけっこう行列やばいときも多いので、

こだわりがなければオレンジ通り店や伝法院通店を狙うのがオススメです。

 

 

おいもやさん興伸の大学芋

今日の浅草伝法院東通店では「あずま」と「小町」の取り扱い。

 

食べ比べの1,600円のやつでもいいかなと思ったんですが、

たまたま暖かい陽気で外で食べちゃいたいなと思い、カップ(600円)にしました。

あずまが5個入っております。

意外にずっしりしてるので2人ぐらいでシェアでもいいかも。

 

あ、気を付けなきゃいけないのは浅草は食べ歩きが禁止されています。

購入したお店の前で食べるか、公共のベンチなど問題ない場所まで移動するかしましょうね。

自分は浅草寺の境内の藤棚のところまで移動してからいただきました。

 

 

 

大学芋のワンカップ

あずまは紅あずまという品種。

皮が赤く綺麗で、芋は繊維の食感が少なくホクホクと甘いのが特徴のさつまいも。

調べてみたら旬はちょうどこの1月2月頃みたいですね。

おお、こりゃ一番良いときに訪問したもんだ。

 

 

おいもやさん興伸の大学芋

蜜はかなり甘めに仕上がっており、ちょっと清涼感を感じる後味。

ハッカじゃないけど、後からスーッとなんか抜ける感じがするんですよね。

これが心地良くて、バクバク食べちゃう中毒性の理由なのかも。

 

 

べにあずま

おいもはふんわりと柔らかく、口の中で溶けるように無くなっていきます。

千葉屋のほうは表面にカリッと感がありますが、興伸のほうは全体的に柔らかい感じですね。

うーん、どちらも捨てがたい。

 

 

紅あずまの大学芋を見る2歳児

初めて見る大学芋に戸惑いを隠せない我が子(笑)

この後おいしそうにいただいておりました。

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

ちょっと値段的にはお高めですが、浅草に来たなら試す価値のあるグルメには間違いないかなと。

時間が許すのであれば、浅草寺の裏まで足を伸ばして千葉屋との食べ比べってのもいいですよ。

中毒性の高い浅草の大学芋、ぜひぜひご賞味くださいましー。

 

したらな!

 


おいもやさん興伸 浅草伝法院東通店

東京都台東区浅草1-36-6

営業時間 9:00~20:00

おいもやさん興伸公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事