【日常】コロナワクチン3回目レポート

【日常】コロナワクチン3回目レポート

コロナワクチン3回目レポート

先日コロナワクチン3回目でした。

いまさらワクチン恐れてる人もいないと思うけど、一応副反応レポートを軽く。

ちなみに自分は3回ともモデルナです。

 


【注射】

10時15分の予約で接種。

集団接種会場で、みんな椅子に一列になって座っているところに注射器持った医者が流れてくる方式。

新幹線の車内ワゴンサービス、もしくは回転寿司みたい(笑)

でも接種までのタイミング、接種後に席を立っていいタイミングが目視で一目瞭然でわかりやすくていいね。

痛みはほとんど感じず、サクッと終了。

 

【5時間後】

15時頃。

お昼ご飯腹いっぱい食べたせいなのか、注射のせいなのか、すごい眠気がきたので昼寝。

1時間ぐらい子供とともに布団の中で寝る。

 

【7時間後】

17時頃、注射された箇所は普通にありがちな張りと痛み。

でもまぁ、気にする程度ではない。

ほかの症状は一切なかったけど、念のため体温計ってみたら37.0だった。

ここで早めのバファリン投入。

 

【12時間後】

22時頃。

バファリンが効いてるのか、この数時間は熱は36度台から上がらず。

でも体にだるい倦怠感があるのでここで寝ることに。

バファリンの本来の服用間隔が6時間以上だからちょっと早いけど、どうせここから熱上がってくんだ。

再度バファリン投入して寝る。

 

【15時間後】

夜中1時。

就寝中に副反応の峠らしきものが来る。

体がツラいわけではなく熱もないけど、暑いと寒いが交互にきて落ち着いて寝てられない。

布団の中で汗だく。

水分摂らないとダメだと思って水分しっかり摂るから、その後余計に汗だく(苦笑)

寝てもすぐ目覚めて、時計の針が15分も進んでない。

これはこれでツラい!

 

【20時間後】

暑いとか寒いとかの波がおさまる。

熱は相変わらず36度台。

ちょっと頭が重くて全身に倦怠感があるけど、これ熟睡できなかったのがメインの理由だと思う。

それ以外はとくに症状なし。

ワクチン2回目のときにあった、下半身の重さがないのは楽でよかった。

個人的にはあれが一番症状としてしんどいなぁと思っていたので。

 

【24時間後】

10時。

寝不足的なだるさ以外は症状まったくないので、フツーに仕事にいく。

生活にも仕事にも支障なし。

 

【45時間後】

朝6時。もうワクチン接種の翌翌朝。

接種箇所を触るとちょっと痛みを感じるぐらいで、その他の肉体的な症状は一切なし。

もう終了でいいかなー。

 


 

って、感じでした。

副反応には個人差あるし、何の参考にもならんかもだけど、いちおうモデルナ3回目の副反応レポートでございました。

何かの目安になれば。

 

 

 

 

 

ちなみに、コロナワクチン3回目は接種することに色々意見あると思うけど。

 

 

自分も正直言って、ワクチン2回済ませた自分がいまさら弱毒化したオミクロンで重篤化して大変な目に遭う確率なんて相当低いと思っていて、自分単体だけで考えればワクチン3回目なんて不要だと思ってます。

 

 

 

ただ、自分は5月にバレエスタジオの発表会に客演することが決まっていて。

 

 

そこにはその発表会のために1年以上の努力を積み重ねてきた子供たちがいます。

小さな幼児から、本気でバレエで生きていきたいと思っている高校生まで、それも何十人単位で。

 

 

いま、「発熱した」ってだけで公演やイベントがあっさりと吹っ飛んでしまう世の中。

それだけで子供たちの積み重ねた努力と夢が吹っ飛んでしまうかもしれない。

吹っ飛んだことで将来が変わってしまう子供達もいるかもしれない。

そう考えると、「発熱する確率を下げる処置」であるワクチンは打つべきってのが俺の価値観です。

 

 

 

 

個人的には、演劇人などステージパフォーマンスに従事する人はそうあってほしいんだけどね。

 

 

こないだ出演した俺鍋だって、発熱者が一人出ただけで4ステージ吹っ飛んだ。

発熱者は陰性だったし、別に何の落ち度があったわけでもなく、何の責任もない。

ただ、いまの世の中に「発熱したら何であろうと思考停止で催し物は中止」っていうルールがあることだけは事実であって。

 

その結果、わざわざスケジュールを割いていてくれたお客様に大きな迷惑をかけ、観ることがかなわなかったお客様も多数。

こちらとしても全10ステージのうち大半が無くなってしまう事態に悔しい思いをし。

金銭的な面でも、4ステ分のチケット代が飛び、キャストスタッフ20人越えの人間が数日無職状態になるわけで、損害額としては100万超えの話だ。

 

 

この「発熱したら何であろうと思考停止で催し物は中止」っていうルール、はっきり言ってまったく納得はいってない。

どちらかといえば理不尽極まりない糞ルールだとさえ思っているし。

文句をつらつらと書けば2万文字ぐらいいけそうなくらい、腹に抱えてることはいっぱいある。

でも、これがルールとして一般化されてしまっている以上、ほいほいと破るわけにはいかない。

 

 

そんな中で、ワクチンを主義とかポリシーとかで受けない人がいてさ。

耳にした話だと、演劇人の中にもそういうのは少なからずいるみたい。

 

 

でも、「発熱しただけでステージが吹っ飛ぶ世の中で、発熱しない確率を下げる処置をわざわざ避ける」ってさ、ステージパフォーマーがやっていいことではないと思うんだけどね。

それよりも自分の主義やポリシーを優先させるっていうんだったら、それって他人のことなんか配慮しません気にしませんって明言してるようなもので、そんな受け手を無視した人間が作る芸術作品なんか、俺は観に行く気には1ミリもならんわ。

 

 

自分は基本、人それぞれの価値観は尊重するし、〇〇する自由みたいなのも尊重する派だけど。

演劇人はワクチン打っとけよって件については、俺は意見折れたくないし、俺の考えって大局的にそんな間違ってないと思うよ。

反論あればぜひコメント欄にどうぞ。

 

 

 

 

あー、なんか話がズレちゃった。

ワクチン3回目副反応レポートのつもりだったのに(笑)

今日はこのへんで。

 

したらな!

日常カテゴリの最新記事