【浅草グルメ】和菓子 楓

【浅草グルメ】和菓子 楓

和菓子 楓

和菓子楓

 

演劇人が送る浅草グルメシリーズ!

浅草の客入りも土日はかなり回復してきた印象で何より。

さぁ、どんどん盛り上げていきましょうー。

 

 

今回は「和菓子 楓」に行ってきたよ!

 

 

お店の位置は伝法院通りとホッピー通りが交わる交差点のところ。

おいもやさん興伸、珈琲天国ローヤル珈琲みるくの樹など浅草の強豪が揃っている、

ある意味で激戦区と言っていい立地かもしれませんね。

 

 

そんな激戦区でも、負けないどころか人だかりをどんどん作る楓さん。

いやね、楓さんラインナップがホントいいのよ。

 

 

五平餅

土日祝日限定の五平餅とぽたぽた餅から、

 

 

 

きなこ餅

きなこ餅やさくら餅、

 

 

 

 

おはぎ

各種おはぎや大福、

 

 

 

きな棒

きなこ餅を食べやすくしたきな棒、

 

 

 

花見団子 みたらしだんご

4種のだんご。

 

 

 

美味しそうでしょ?

 

雷門から浅草寺にお参りをして、その帰りに伝法院通りに抜けてきた観光客はちょうど小腹が空いてくる頃。

そこにこのリーズナブルなお団子達や五平餅を見せられたら、

そりゃあ「お、せっかくだしちょっとこれ食べてみる?」ってなるよね。

売れるメカニズムがもう出来上がっております。

 

 

そしてメカニズムどうこう以前に、ここの和菓子はとにかく美味しい。

もうこれに尽きるんですよねぇ。

 

 

 

浅草の和菓子屋楓のだんご

はい、今回もいくつか購入して自宅で実食!

 

 

 

浅草グルメのぽたぽた餅

まずは、ぽたぽた餅(250円)!

こちらはもうひとつのウリである五平餅と同じく土日祝日限定商品で、

醤油で焼いたお餅を海苔でくるんだいわゆる磯辺もち的なやつ。

 

 

ぽたぽたもち

でもこの楓のぽたぽた餅は、半つきに抑えることで米の粒感をあえて残してあり、

食感的にはがっしりしたおはぎみたいな仕上げになっています。

つきたてなのでふんわり柔らかく、甘辛い醤油と海苔のコンビネーションは言わずもがな。

ウマー!!

 

なんで人気があるのに土日祝日限定商品にしてるんだろうって不思議だったんですが、

たぶん出来たての一番いい状態で提供するために、回転率のいい日だけの提供にしてるんじゃないかなと。

1時間や2時間作り置きになってた場合に比べると味に3倍ぐらい差が出そうだもん。

餅はつきたてが最高、これ真理なり。

 

 

 

楓のみたらしだんご

お次は1番人気の言われるみたらしだんご(130円)。

 

楓のみたらしは甘さよりも醤油風味に重きをおいたものになっています。

表面についたオコゲが香ばしいくて美味しい。

団子もつるん&もちもちで食感が心地いいですね。

「浅草来たら必ず楓でみたらしだんごを買う」って声も多く見かけましたが、それも納得だなぁ。

 

 

 

あんこだんご

で、あんこだんご(130円)。

 

よもぎ団子の上にダイナミックにこしあんが乗っかっております。

こしあんも甘さは抑えめで、これだけ量が乗っていても胸焼けすることなくスルスル食べれちゃう。

よもぎの香りと風味もしっかり感じられる、老若男女だれでも好きなスイーツですな。

 

 

 

花見団子

そして、花見団子(130円)。

 

お花見と言わず、オールシーズンSNS映えしそうなお団子。

ほかの団子と違って生地自体に砂糖が加えられていて、ほんのり上品に甘いです。

感覚的にすあまっぽいと思って調べたら、やっぱりすあまでした。

(参考:浅草楽しい生活新聞「和菓子 楓」

ウマー。

 

 

 

ゴチソウサマ―!

 

 

観光客はもちろん、地元客のリピートして通う人気の和菓子店。

浅草で買い食いできるグルメはどれも観光地価格でそれなりのお値段がしたりしますが、

そんな中でここまでリーズナブルでクオリティ高い和菓子を提供してくれるお店は貴重かもしれません。

 

伝法院通りからホッピー通りに抜けるときに小腹さえ空いていれば、

ぜひぜひ和菓子楓を選択肢にどうぞー。

したらな!

 


和菓子 楓

東京都台東区浅草1-40-6

03-5828-8611

営業時間 11:00~19:00(定休日なし)

浅草グルメカテゴリの最新記事