【浅草グルメ】浅草製麺所

【浅草グルメ】浅草製麺所

浅草製麺所

浅草製麺所

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

本来はラーメン屋って幼児連れでは入りずらいジャンルですよねー。

幼児連れだけどラーメン食べたいってそこのアナタ、今回はそんなアナタに知っておいてほしいお店です。

 

 

ほい、浅草製麺所に行ってきたよ!

 

 

お店の場所は浅草6丁目、言問通り沿い。

言問通りと馬道通りの交差点から少しだけ東側にいったところ。

うりんぼやプロボウラー恵美子の店なんかが近いです。

 

以前このテナントはラーメン屋が高い頻度で入れ替わり立ち替わりだったんですが、

この浅草製麺所が入ってからの十数年はずっと安定。

つまり誰かがずっと愛して利用しているから存続しているわけで。

期待値上がりますよね。

 

また先にも書いたとおり、ここは乳幼児連れに対して本当に寛容なんですよね。

テーブル席は広いし、子供用のフォークやお箸のセットまでちゃんと準備されています。

ファミレス以外で幼児連れてラーメンってなかなか難しいので、こういうお店は本当にありがたいです。

 

 

 

 

つけ麺

はい、メニュー。

 

季節のメニューや限定メニューなど種類が多いですが、

基本はつけ麺が坦々・醤油、味噌の三種類。

それをさらに白麺、赤麺、緑麺から選ぶような感じになっています。

 

白麺…当店自慢の自家製非熟成麺。まずはスープに浸けずに麺だけツルっと!

赤麺…唐辛子を練りこんだ、唯一無二。井の中から燃え上がる炎の一味麺。

緑麺…不老長寿のエリート野菜「明日葉(あしたば)」を練りこんだ見た目も美味しい緑麺。

 

麺どれも美味しそうですね。

中盛や大盛もそれぞれ+70円と+120円とかなりリーズナブル。

 

 

おつまみメニュー

ちなみにおつまみメニューも豊富。

揚げ物が中心になっていて、思いっきり居酒屋仕様ですね。

こちらの値段もお手事で、東京都のお酒提供が解禁されたらぜひ利用してみたいなぁ。

 

 

 

醤油つけ麺の白麺

はい、こちらは醤油つけ麺の白麺(740円)。

 

 

醤油スープ

醤油スープにはたっぷりのネギ。

魚介の旨味が濃厚で濃いスープが中太麺とも相性いいですな。

ノーマルの醤油のほかに「濃厚魚介醤油」ってのもあったみたいだけど、自分的にはノーマルで十分な濃厚感でした。

 

 

自家製の白麺

麺は中太でコシが強いタイプ。

けっこう重量感もあって食べ応えがあります。

もちもち食感も強くて美味しい。

 

メンマはものすごく柔らかくてさくっと歯が通るタイプ。

クセも少なめなのでメンマ苦手な人でも食べやすいと思います。

カイワレも食感的にも風味的にも良いアクセント。

 

豚バラチャーシューはスープに浸すととろとろの脂の旨味が加速しますね。

個人的にはこのチャーシュー、ドストライクに好みだわー。

ウマー。

 

 

 

味噌つけ麺と赤麺

こちらは味噌漬け麺の赤麺(820円)。

味噌のほうも醤油と同じく濃厚で、コクと甘みが心地よい仕上がり。

少しとろみがあるので麺もしっかり絡めとってくれます。

 

赤麺はほのかに辛いぐらいかなーと油断していたら、

これが本領発揮するのは胃の中に入ってからなんですね(笑)

飲み込んでから体の芯にズンとくるこの辛さの感覚はちょっと新鮮。

大盛食べると翌日のトイレに響くかもしれない(笑)

 

 

ゴチソウサマー。

 

リーズナブルにいろんな味のつけ麺を美味しく楽しめる良店でございました。

出入りの激しい激戦区浅草、さらにラーメンという短命が多い業種。

それでありながら十数年続いているってのはやはり伊達じゃないですね。

 

このあたりはちょっと歩けば、弁慶、うりんぼ、ハッスルラーメン、一龍なんかもあって、

ラーメン好きには本当に幸せな立地ですね。

ご近所だけでラーメン店1週間ローテできちゃいそう(笑)

 

子供連れでも使いやすい美味しいお店です。

ぜひぜひご活用アレー。

 


浅草製麺所

東京都台東区浅草6-9-4

営業時間 11:00~20:00

050-5303-9485

浅草グルメカテゴリの最新記事