【演劇】KEISOUを走り抜いたオトコ・宮本悠我

【演劇】KEISOUを走り抜いたオトコ・宮本悠我

宮本悠我

 

さぁ、KEISOUを走り抜けた役者紹介、第7回!

今回は継チームの南役を演じた、宮本悠我だ!

 

 

通称はゆーが。

神奈川の劇団・虹の素所属。

 

 

齢30オーバーのおっさんだらけの座組の中で、最年少19歳!

じゅ、じゅうきゅうさい・・・。

若過ぎてまぶしい(汗)

 

 

 

宮本悠我KEISOU

 

俺が19歳の時は、愛媛大学学内の木造ボロ講堂で芝居やってた。

劇場キャパはたしか100いかないぐらいで、

ヤクザ3とギャング2という何とも言えない役をデビュー戦で演じていた頃だ。

同じ19でプラザソルでKEISOUであの役って、お前うらやましすぎるぞ!

 

 

 

宮本悠我の戦争シーン

 

リレーチームだった俺は戦争チームメンバーとはまったく板の上では絡まないんだけど、

そのぶん逆に俯瞰で外から見れる機会は多くあって。

テクニックと経験の塊みたいなあの連中の中に混じって、

19歳が持てる武器で必死に勝負している姿はほほえましかった。

 

 

 

ゆーが

 

ゆーがはプライドをしっかりと持っていて。

ちゃんと自分の考えてきた演技プランを提示して、稽古場でその答え合わせとブラッシュアップができる男。

 

「5年後10年後が楽しみ」なんていうのはお決まりの文句だけども、

ゆーがの場合は「1年後2年後が楽しみ」でよい気がする。

それぐらいに伸びしろと成長力を持っているはずだ。

 

持ち上げちゃったぞ?

これからその姿を見せてくれよな!(←プレシャーを無駄に与える嫌な大人)

 

 

 

ゆーが誕生日

↑誕生日ケーキもらって韓流アイドルばりのスマイル

 

 

宮本悠我、君はよく走った!

また一緒に走ろうね!

演劇カテゴリの最新記事