【浅草グルメ】とんかつ とお山

【浅草グルメ】とんかつ とお山

とんかつ とお山

浅草のとんかつとお山

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

やっぱり緊急事態宣言が明けてみんなの外出意欲が出てきたのか、

当ブログのグルメ記事たちもアクセスが微増傾向!(あくまで微だけど)

確かな需要がそこにあると信じて黙々と食べて、紹介していくのである!

 

 

はい、今回はとんかつ とお山でございます。

 

 

お店の場所は浅草松屋(東武線浅草駅)の北口出てすぐ左のところ。

先日紹介した中華料理ぼたんの目の前になります。

同じ並びには串揚げの光家油そばの而今も。

伝法院通りからもアクセスしやすいので観光の際にも使い勝手がいいですね。

 

 

たぶんお店ができたのは5~6年前かな?

店名もたしか最初は「とお山」ではなく「遠山」だったような。

 

一部ひらがなのほうが柔らかいと判断したのか、

先に遠山の商標登録があってそれを避けたほうがいいと判断したのか、

まぁ、そのへんの詳しい事情はわかりませんが。

(そういえば昔「遠山の金さん」の商標登録でモメ事ありましたね。懐かしい。)

 

 

 

さてさて、このとんかつとお山。

屋号が語るとおりとんかつ屋さんです。

 

 

とお山の内装

小上がり

店内はL字型のカウンターが7人ぶん、4人掛けの小上がり席が2つ。

キャパはそんなでもないので、5人を超えるようなグループでの利用には向いてないかも。

テーブル席も埋まりがちなので、カウンターでの一人飯目的が一番適しているかもしれませんね。

 

 

厨房が見える

厨房内では料理人さんが自分のポジションからほぼ動かず陣取っていて、

効率を追求した分業化が進んでいる印象。

こういうテキパキした厨房は眺めているだけでもちょっとしたエンタメとして楽しめます。

このへんはお向かいさんのぼたんと共通ですね。

 

 

とおやまのランチメニュー

ランチメニューはこんな感じ。

ランチだと一番安いロースかつ定食が980円。

グレードが高いとんかつになると2000円台に入ってくる感じ。

うん、浅草界隈のとんかつ屋の相場と比べるとかなりリーズナブルなほうなんじゃないでしょうか。

 

カツカレーやささみフライ定食にも惹かれて迷ったんですが、

初来店だったのでやはり代表メニューと思えるロースかつ定食をチョイス。

 

 

 

切り干し大根

まずは突き合わせの切り干し大根の小鉢。

とんかつは肉厚のものを低温でじっくり揚げるので、提供までにやや時間がかかる模様。

その間にこちらをゆっくりいただいて待ちましょう。

薄味でしつこくなく、食前にはぴったりの味付けでウマー。

 

 

 

ロースかつ定食

それからだいたい10分ぐらい待ってとんかつ到着!

このボリュームのとんかつ定食で1,000円いかないのはホントありがたい。

 

 

 

ご飯

ご飯は新潟産のコシヒカリだそうで。

米粒が立った炊き方をしていて、食感良く美味しい。

水分多めのべとべとご飯が好きでないため、こういう炊き方のお店は超愛せる(笑)

 

 

豚汁

お味噌汁だと思ったお椀はなんと豚汁。

大根と豚肉の甘みが溶け込んでいておいしい。

 

 

 

ロースかつ

さぁ、メインディッシュともいえるとんかつ(120g)。

一般的に豚のロースかつというと脂身たっぷりのイメージが強いのですが、

とお山のロースかつは脂身よりも肉感がっつりのタイプですね。

 

 

とおやまのロースかつ

まずはオーソドックスにソースでパクっと。

肉自体の旨味が強くて、噛んだ時の歯ごたえもとても柔らかいです。

どちらかというとヒレに近い感覚?

 

一般的なロースかつの脂身の旨味も捨てがたいけど、

こういう肉自身でガッツリ勝負してくるタイプもいいですね。

甘くてコクのあるソースとの相性もまた良し。

 

 

 

豊富な調味料

ちなみにこのお店ではとんかつを色んな楽しみ方ができるよう、

調味料を豊富に用意してくれておりまして。

練り辛子はもちろん、ウスターソース、茎わさび、竹炭塩などを常備してくれています。

 

 

食べ方のご提案

お店から「食べ方のご提案」ということでいろいろオススメしてくれているので、

とりあえず素直に試してみる(笑)

 

 

茎わさびで食べるとんかつ

茎わさびはお寿司のわさびのようなダイレクトにツーンとくるものでなく、

あくまでわさび漬け的でマイルドな感じ。

なのでけっこうガッツリめにいっちゃっても全然美味しく食べれます。

ここに醤油をちょっと足すだけでさっぱり和風仕上がりに大変身。

うまいっす。

 

 

黒炭塩

竹炭塩は見た目からもう黒い塩。

黒コショウ感のあるビジュアルも手伝ってか、肉に振りかけた瞬間に「これ間違いないやつやん」なんて思ってしまった(笑)

 

黒炭塩で食べるとんかつ

塩の旨味に深みがあって、それがお肉とかなりうまいことマッチング。

これは万人にオススメしたい組み合わせですね。

なかなか竹炭塩をいただく機会はないですが、とんかつ屋さんにはもっとデフォで普及してくれてもいいぐらいに思うレベル。

いやぁ、これアリだなぁ。

 

 

練り辛子で食べるとんかつ

もちろん練り辛子とだって相性の良さは言わずもがな。

それぞれまったく違った方向性の風味でとんかつを楽しむことができます。

 

 

漬物

あ、ちなみにこれは壺に入っているお漬物。

もちろん食べ放題。

ありがたやー。

 

 

 

ゴチソウサマー。

 

 

お昼11時の開店直後を狙った訪問でしたが、食べ終わって11時半過ぎにお店を出る頃には外で待っているお客さんが数名いました。

平日早い時間帯でこれだと、コアタイムや土日はかなり混雑しそうですね。

ゆったり落ち着いていただくのであれば少し時間を外したほうがいいのかもしれません。

 

コスパ良し、味良し、ボリュームも良し。

浅草はとんかつ屋さんというジャンルにおいても激戦区ですが、

このとお山も選択肢に入れておいて損はないんじゃないでしょうか。

 

皆様も機会ありましたらぜひー。

したらな!

 


とんかつ とお山

東京都台東区花川戸1-6-8

営業時間 11:00~21:00(定休日なし)

03-5806-2929

とんかつとお山公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事