【浅草グルメ】麺屋 つけ麺太輔

【浅草グルメ】麺屋 つけ麺太輔

麺屋 つけ麺太輔

浅草つけ麺太輔

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

とっくの昔に演劇や手タレの記事よりグルメ記事の方が多くなってしまったこのブログ。

いったいどこへ向かっているんだ俺は!

知らん!(笑)

 

 

はい、今回は麺屋 つけ麺太輔ですよ。

 

 

お店の場所は雷門通り沿い。

以前は鶏そばPAITAN×PAITANがあったテナントですね。

今年の頭ぐらいに新しくオープンされました。

 

このテナントはしばらくずっとラーメン屋が入れ代わり立ち代わり状態。

立地的にはそんなに悪くないと思うんですけどね。

正面にあるてんやなんかはずーっと息が長いわけだし、飲食店としての需要はちゃんとある場所。

それだけラーメン屋ってのは生き残りが難しいってことなんでしょうね。

 

 

太輔券売機 太輔のつけ麺

メニューと券売機。

魚介ベースのつけ麺がメインみたいですね。

豚骨魚介ラーメンなるものも。

 

値段は800円後半が最低ラインになるので相場としてはちょいお高めラインな感じですが、

実はつけ麺であれば麺の量がかなり自由に選べるんですよね。

なんと200gから50g刻みで上限1000gまで!

 

魚粉

1000gの麺って想像したくない(笑)

その量でその値段なら、確かにコスパも半端ないですな。

 

 

 

太輔の魚介出汁のつけ麺

今回はオーソドックスにつけ麺(880円)をいただきました。

麺の量?弱気の200gだよ!

そんなに大食いでないもので。。。

 

浅草開化楼の面が美味しそうに輝いております。

一口目は何もつけずに麺の味だけでお楽しみくださいというだけあって、

麺はコシも風味も強く、期待を裏切らない仕上がりです。

 

 

スープ

浅草開化楼の麺

鰹だし

スープはトロトロでめっちゃ濃厚!

カツオだしがメインだと思いますが、濃味でありながら、やや塩味も強めな感じ。

いいですな、この体育会系感。

運動して汗かいたあとなんかは美味しさ倍増しそう。

 

ちなみに麺の性質が理由からなのか、けっこう麺は冷たい状態で提供されます。

今回注文した200gでも最後の一口ぐらいにはスープはほぼ常温になっていたので、

ぬるいつけ麺が苦手な人は、注文時から熱盛で頼んだほうがいいかもしれません。

(Webレビューでもスープのぬるさに不満の人がいたので)

 

あと、とろみの強いスープが麺に強く絡むので、

麺400g以上頼んでる場合はたぶんスープの量足りなくなります(笑)

100円でスープ追加する前提でいたほうがいいかもですね。

ご参考までに。

 

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

利平がなくなってから濃い味のつけ麺に飢えていたんですが、

ちょうどそれを満たしてくれるお店が現れてくれて個人的には嬉しい限りです。

(利平とは方向性はかなり違いますが)

 

定期的に寄ってみたいお店。

とくにガッツリ空腹時は選択肢に上がってきやすい予感。

つぎはラーメンチョイスにしてみよーかなー。

 

皆様もご機会あればつけ麺太輔をご堪能あれ。

したらな!

 


麺屋 つけ麺太介

東京都台東区雷門1-15-10

営業時間 11:00~23:00

03-5830-6870

麺屋つけ麺太介 公式ホームページ

浅草グルメカテゴリの最新記事