【演劇】 ヒロキチというオトコ

弁当を食べるヒロキチ

 

パンクドランカーを担う熱いオトコの一人、ヒロキチ

 

 

ヒロキチさんとも今回がはじめましての共演。

キャストの名前だけを聞かされたとき、どんな人なのかまったく情報がなかった。

実はヒロキチさんの姿を見たのは、ホームページ構築用に制作部が送ってくれた写真が初めて。

 

 

 

「ヒロキチさん?

へー、変わった芸名の人だなぁ。

どれどれ・・・」

 

 

 

 

 

ヒロキチ

 

ガチでヤンキーの人だーーッ!!Σ( ̄ロ ̄lll) 

 

 

 

 

稽古場で怖い人だったらどうしよう・・・

なんて不安がよぎったけど、実際会ってみたら180度真逆の人で。

めっちゃやさしいし、めっちゃ面倒見がいい。

 

 

 

 

 

ベースを弾くヒロキチ

 

しかも元々パンクバンドをやっていたという、今回パンクドランカーにとっては逸材。

楽器もできるし、アクションの殺陣付けもできるという、なんでもいけるマルチスター。

 

 

 

 

 

 

赤髪の男

 

とある日、突然赤い色になってきて皆を驚かせた。

 

普通の人が赤髪にすると違和感が先行しそうなもんだが、ヒロキチさんの場合はなんか自然。

「赤髪に変えた」というよりは「本来の髪の色に戻った」んじゃないかと思えるぐらい。

 

 

 

 

 

中西浩とヒロキチでタイガースープレックス

 

劇中でタイガースープレックスで撮られるツーショット。

 

このシーン自体カットになってしまったので、幻のカットになってしまった。

上演時間の都合でカットせざるを得なかったんだけど、この一連のシーンは面白いからお客さんの前に届けたかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

パンクドランカー劇中のマサさんとタクマ

 

劇中で忌野清四郎を歌ったあとのマサさんと意気投合するシーン。

なんか戦っているように見えなくもない(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ヒロキチ演じるベーシスト、タクマ

 

オープニングの演奏シーン。

ベース&ボーカルって格好いいよね。

 

 

 

 

 

 

ヒロキチ&畑中ハル

 

屋外でハルくんとヒロキチさんのツーショット。

 

マジでカッコイイ!

なんかのジャケ写みたい。

空白の使い方もいいね。

 

 

 

ヒロキチというオトコ。

最高だったぜ!

 

またね!