【浅草グルメ】博多ラーメン うりんぼ

【浅草グルメ】博多ラーメン うりんぼ

博多ラーメン うりんぼ

うりんぼ

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

 

寒い季節はやっぱりあったかいものをってことで、今回はラーメンだよ!

浅草でもかなり営業が長くラーメン店としては老舗の部類に入ってきております、

今日は博多ラーメン うりんぼに行ってきました。

 

 

 

浅草の博多ラーメン

お店の場所は花川戸で言問通り沿い。

馬道通りと言問通りの交差点から2軒分ぐらい東側のところです。

プロボウラー恵美子の店のすぐ隣。

店構えは大きくないけど、真っ黄色の看板がいかにもラーメン屋って感じで目立っているのですぐわかるでしょう。

 

 

お店はもう営業20年を超えているそうで。

すごい昔のテレビ番組のラーメンランキングで浅草エリア2位に輝いたそうですが、

さすがにちょっと情報が昔過ぎてアレな気はする(笑)

そして1位がどこだったのかがすごい気になる!

 

 

うりんぼ店内

うりんぼ、店内はこんな感じ。

4人掛けテーブル席がいくつかとカウンター席が6~7つぐらい。

コロナ対策もあるんでしょうが、けっこう店内の空間はゆったりと作られています。

 

 

うりんぼのテーブル席

あ、テーブル席はちょっと手狭かも。

男4人組だと結構仲良さげにくっついて食べないとあかんやつ(笑)

まぁ、それはそれで味があっていいけどね。

 

 

本場の博多ラーメンメニュー

ラーメンはメニューに6種類掲載されていましたがトッピングバージョン違いなので、

実質はオーソドックスな博多ラーメンと、あばれんぼラーメンの2種ですね。

Webで調べてみたら、あばれんぼはマー油入りのスープらしいです。

こっちも気になる。。。

 

 

 

ランチセット

何気に初来店だったのでオーソドックスに通常のラーメンのランチおにぎりセット(750円)を。

浅草20年近く住んで、このお店の前も何百回と通ってるんですけどね。

いつでもいけると思うとなかなか足が向かないのは人の不思議w

 

 

 

うりんぼの博多ラーメンスープ

スープはややとろみがあって一見濃厚そうに見えますが、意外にさっぱり。

博多ラーメンのジャンルとしてはあっさりめに仕上がっている印象。

クセも少なくて、豚骨苦手な人でもそれほど抵抗なく食べれそうな気がします。

あっさりしつつ深みもあって美味しいー。

 

 

麺は少し固め

麺は細麺で、こちらはちょい堅めのゆで上がり。

普段麺堅めで頼む人も、うりんぼだったら普通で頼んでもいいかもですね。

けっこうしっかりとスープを絡めてくれて、すすり心地も気持ちいい。

 

 

豚バラチャーシュー

豚バラチャーシュー。

柔らかく煮込まれていて、口の中に入れると肉の繊維がほどけていくやつ。

豚骨スープのダシをたっぷり吸ってジューシー。

 

 

ランチのお握りセット

ランチ限定のおにぎりセット。

少し小ぶりの食べやすいサイズのやつが、かやくと豚バラチャーシュー入りの2種類。

 

 

豚チャーシューが刻んだものが入っているおにぎり

豚バラチャーシュー入りのほうはこのように中に具がたっぷり。

単品で「煮豚ご飯」てのがあるけど、それのおにぎりバージョンですね。

甘辛いタレがご飯とも相性良い。

このおにぎり、単品レギュラーメニューにしてもいいんじゃないかなってぐらい美味しい。

もしコンビニとかでこれ売ってたら超ありがたいもん。

 

 

ゴチソウサマー。

 

 

ラーメン屋がなかなか根付きにくい浅草で20年やってるだけのことはあるなぁと。

近所には弁慶浅草製麺所坦々麺一龍もあってなかなかの激戦区ではあるけど、どれもラーメンのジャンルが違ってて、利用者の立場からすればかなり幸せな立地ですね。

 

ちなみに浅草全体で見ても博多ラーメンって、他は一風堂や一蘭ぐらい?

いのうえはだいぶ前になくなっちゃったし、竹三郎は豚骨ラーメンではあるけどちょっと路線違うし。

個人経営で博多ラーメンのお店って、もうここうりんぼぐらいになっちゃったのかな。

そう考えると貴重でありがたい存在ですね。

 

飾った雰囲気の無い、街中華のようなラーメン屋さんです。

お近く通った際にはぜひー。

したらな!

 


博多ラーメン うりんぼ

〒111-0033 東京都台東区花川戸2-21-7 花川戸石田ビル

営業時間 11:30~14:30、17:45~20:00(定休日なし)

03-3841-1515

浅草グルメカテゴリの最新記事