【ライフハック】「遺伝子組み換えトマトの断面がグロい」はフェイクですよ

【ライフハック】「遺伝子組み換えトマトの断面がグロい」はフェイクですよ

「遺伝子組み換えトマトの断面がグロい」はフェイクですよ

 

 

最近たまに目にするんですけどね、こういう系。

 

たしかにツイートされているトマトの断面は見慣れぬ感じ。

果肉が不規則な配置となっていて、

人によっては、不気味、もしくは気持ち悪いと感じられても仕方がないかもしれません。

 

 

 

でもこれを見て、

 

「遺伝子組み換えをしたトマトは断面がこんなにも気持ち悪いんだぞ!遺伝子組み換えは悪の所業だ!断固反対ダーッ!」

 

ってなっちゃうのは、ちょっと気が早いと思います。

 

 

 

 

えーと、結論から言うと、

 

 

「遺伝子組み換えトマトの断面がグロい」はフェイクであり、デマです。

 

 

 

 

日本にはこういう断面のトマトが普通にあります。

そして、日本国内に遺伝子組み換えトマトは流通してません。

それがフェイクでありデマであるとする理由です。

 

 

 

ほい、せっかくなんでひとつひとつ掘り下げていきましょうか。

 

 

 

1.トマトによって断面は様々である

まず、こういう見慣れぬ断面のトマトが実際に存在するよーという点から。

以下の2つが考えられます。

 

① そもそものトマトの品種によって差がある

1つは品種的なモノですね。

いま日本で最も普及しているトマトの品種は桃太郎系です。

なので、スーパーで購入できるものもほとんど桃太郎系。

野菜売り場で「あら、今日はトマトが安いわね」と気軽に手を伸ばして買うアレは、みーんな桃太郎系です。

 

トマト桃太郎系の断面

断面はこんな感じですね。

私達が持っているトマトの断面のイメージはコレなはず。

 

 

 

ファーストトマト断面

画像引用元:旬の食材百科

こちらの断面はファーストトマトという品種。

おおっ、紹介2つめにしてすでに個性的。

 

先端がちょっと尖っていて、苦味が少なくさっぱりとしたトマトです。

保存性が高くなかったことから桃太郎というメジャーな品種に追いやられてしまいましたが、

昔の日本ではこのファーストトマトのほうがシェアが高かったようです。

 

 

りんか409

画像引用元:旬の食材百科

こちらはりんか409という品種。

ゼリー部分の割合がかなり高そうな断面ですね。

りんか409は桃太郎ほどではありませんが、それなりに一般のスーパーでも見かけます。

 

 

エアルームトマト

画像引用元:ブログ「gatto村」さんより

あと、エアルームトマトなんてのもあります。

個体差が大きそうですが、なかなか張り切ったビジュアルしてますよね(苦笑)

これも正真正銘の、れっきとした正常なトマトです。

ちなみにエアルームトマトの飼育にハマッた方の記事、面白いですよ。

 

 

② 育て方による影響もありそう

もう1つは育て方による影響が考えられます。

ちょっとソースが用意できなかったので断言はできませんが。

 

トマトにはフルーツトマトと呼ばれるものがあって、

これは通常よりも水分を抑えて育てることで成分凝縮させ、糖度を高めたものを言います。

品種は関係なく、どの種のトマトであってもこの育て方をすればどれもフルーツトマト。

(糖度8以上からフルーツトマトと呼ぶことが多いそうですが、厳格なルールがあるわけではないみたい)

 

フルーツトマトの断面で検索すると、出てくるトマトが断面がどれも見慣れぬビジュアルなんですよね。

フルーツトマト育成による断面への影響ありそうな感じ。

まぁ、そもそもフルーツトマトに選ぶトマトの品種に桃太郎を選んでいないだけなのかもしれませんが。

表題を「育て方による影響もありそう」としたのは、その可能性が否定できなかったからです。

 

 

フルーツトマト

画像引用元:ブログ『サエモン@みちのく仙台~美味究真2~』さんより

 

フルーツトマト

画像引用元:ブログ『アンジェラのハッピーライフ』さんより

 

フルーツトマト

画像引用元:ブログ『risuのブログ』さんより

 

みんないい断面してるでしょ?(笑)

これらはリンク先でも書かれているとおり、すべてフルーツトマトです。

 

 

 

フルーツトマト

画像引用元:dancyu.com

中でも愛知県で作られる『麗』というブランドが、フルーツトマトとして有名みたい。

生産者は10人ぐらいしかいない、糖度9度以上の高級トマト。

こちらも断面はかなり個性的。

 

 

この生産者の多大な努力によって作られた高級トマトを捕まえて、

「断面が普通じゃない!遺伝子組み換え反対ーーーー!」って、ね。

どんだけオマエ無知&失礼なんだよって話です。

とりあえず止めといたほうがいいと思いません?(苦笑)

 

 

2.現在、日本国内に遺伝子組み換えトマトが流通していない

トマト断面

現在、国内で遺伝子組み換え食品で流通しているのは、

じゃがいも、大豆、とうもろこし、なたね、わたなど。

またそれらを使用して作られた食用油などに限られます。

 

まだ遺伝子組み換えトマトは出回っていないんですよね。

ゲノム書き換えトマトの話はありますが、これもまだこれからのことなんですよね。

→JBpress『ゲノム編集のGABA高蓄積トマトは何をもたらすか』

 

つまり、「遺伝子組み換えトマトの断面がー!ギャー!」って言ってる人。

いったいそのトマトどこで手に入れたの?って話。

 

実際に遺伝子組み換えを行っている研究所に忍び入って、サンプル泥棒でもしないかぎり手に入りません。

ゼロとは言いませんが、そんなことして遺伝子組み換えトマトを手に入れてる人はいないでしょう。

 

スーパーで購入したトマトを切ってみたら気持ち悪い断面だったってことならソレ、

そのトマトがそういう品種だったか、フルーツトマトだったか、でほぼ間違いないでしょう。

 

 

3.そもそも遺伝子組み換えでビジュアル悪くしてどうすんの?

そもそもですね、何のためにわざわざ食品の遺伝子組み換えをやるのかって話です。

答えは簡単、優れた食品を作り出すため。

さらに言い換えると「売りやすい商品」を作り出すためです。

 

寒さや虫害に強くして生産量を増やしたり、

味を美味しくしたり、見た目のビジュアルを良くしたり。

すべて生産効率や品質を高めて「売りやすい商品」を作るためにやってることです。

 

そこで、どうしてわざわざビジュアルを遺伝子組み換えで悪くさせなきゃいかんのよ?

逆に綺麗に整えて売れやすくするのが普通の考え方でしょうよ。

 


 

遺伝子組み換えトマトの断面が気持ち悪いとかいう件、結論

トマトの断面はいろいろある

 

はーい。

 

繰り返しになりますが、結論として

「遺伝子組み換えトマトの断面がグロい」はフェイク。

これは完全にデマとして断じていい情報です。

 

もしあなたの身近に「トマトの断面がグロい!遺伝子組み換えだー!」って吠えている人がいたら、「それ、あなたがスーパーで安売りしてるトマトしか知らないだけですよ」と無感情な笑顔で教えてあげましょうね(笑)

 

 

 

もちろんね、どのトマトの断面を気持ち悪いと思うかなんて個人の感想だからそれでいいんですよ?

「断面が生理的に気持ち悪く感じるから、私は買わない食べない」ってのは個人の自由。

好きにしてください。

 

でもそれをホイホイと、遺伝子組み換えだの、放射能による奇形だの、そういう根拠ない情報に結び付けて流布するのは完全にNG。

ヘイト思考の人達は、ノータイムでそういうのを自分に都合のいい情報として変換して発信する。

自分の周りでもそういう人達が少なからずいたりするけどさ、俺は申し訳ないけど超冷やかに見てるよ。

知識も精神もその程度の人なんだなぁって。

 

 

 

そのデマ情報の流布で傷付くトマト生産者が沢山います。

デマによって生産者は大きな損害を被ったり、下手すれば廃業に追い込まれてしまうこともありえます。

そうなれば、あなたが生産者達から訴訟されて賠償責任を負うリスクだってあるんですよ。

 

 

今回のようなフェイク情報が誰かからRTで回ってきても、ひょいひょい拡散しないようにね。

 

 

いつぞやあおり殴打事件の同乗者の女性のデマばらまいた人達がたくさんいて、その人たちは片っ端から訴えられましたが、このトマト断面デマの流布もまったくレベルが同じですよ。

正義感で情報を広めてるつもりなのかもしれませんが、結果的に自分も他人も傷つけるだけ。

絶対にやめましょう。

 

 

気を付けなはれや!

 

 

 


【追記:2021/07/14】

遺伝子組み換えトマトはまだまだ先の話ですが、

ゲノム編集トマトについては各農家への配布もされ、それぞれが試験的に栽培を始めた段階となっています。

そのため近い将来、いずれこれらは市場に出回ってくることになります。

 

 

あ、遺伝子組み換えとゲノム編集の違いについてはこちらが参考になりますのでどーぞ。

→農林水産省技術会議「あなたの疑問に答えます(ゲノム編集の特徴は? 遺伝子組換えとどう違うの?)」

 

リンク先内容の要約も引用して載せておきますと、こんな感じ。

・遺伝子組換えは、外から新たに遺伝子を挿入する技術、ゲノム編集は、その生物が持っている遺伝子を変える技術。

・自然の放射線や紫外線などにより、DNAが切れ遺伝子が変異するという現象は、自然界では、ごく普通に起きている。ゲノム編集技術は、これと同じ現象をゲノムの特定の部位で起こさせる。

・ゲノム編集技術は、従来の品種改良に比べ、商用化までにかかる時間やコストが大幅に下がる。

引用:農林水産省技術会議「あなたの疑問に答えます(ゲノム編集の特徴は? 遺伝子組換えとどう違うの?)」

 

コレざっと読んだ感じだと、自分はゲノム編集が危険な代物だとは思わないんですけどね。

まぁ、そこは個人の受け止め方次第。

 

とりあえず間違いないと思われるのは、

「明らかに現時点でゲノム編集トマトのほうが希少性があり、苗としての価値が高いので、市場ではしっかりブランディングされて売られるであろうということ」です。

つまり、高級ブランドトマトとして売り出されます。

なのでスーパーの安物の中にこっそりゲノム編集トマトを混ぜられて、私達一般消費者がそれを自覚なく買わされるなんてことはないと言えるでしょう。

 

ゲノム編集が気に入らない人も、わざわざ選んで買わなきゃいいだけで、意思に反して食べさせられる心配はないんじゃないでしょーか。

自分は手が出る値段であればフツーに買いますが(´∀`*)

ライフハックカテゴリの最新記事