【浅草グルメ】師子の子(ししのこ)

【浅草グルメ】師子の子(ししのこ)

師子の子(ししのこ)

師子の子

 

演劇人による浅草グルメ紹介シリーズ!

いままでも、天笑一丁目一番地ちゃんこ部屋などなど、自分がサラリーマン時代にランチでお世話になった系のお店を紹介してきましたが、今回もその系統でいきたいと思います。

 

 

師子の子(ししのこ)に行ってきたよ!

 

 

 

浅草居酒屋のランチ

お店は住所的には雷門2丁目。

オレンジ通りから南に行ったところで、馬賊のお隣さんになります。

お向かいには以前紹介した志乃多寿司も。

 

 

 

師子の子ランチメニュー

この師子の子は暖簾にあるように炭火焼や串焼きがウリの居酒屋さんなんですが、

平日のお昼はこのようにリーズナブルなランチ定食を提供してくれています。

ビジネス街が近いこともあって、平日12時からはけっこうサラリーマンで賑わう感じ。

自分もサラリーマン時代は散々お世話になりました、感謝感謝。

 

 

 

魚フライ定食

推しとしてはめっちゃボリュ―ムがあるチキンカツ定食なんですが、

なんとなくフライが食べたくなったので、今回は魚フライ定食にしました。

800円(税込)なり。

 

 

アジフライと山盛りキャベツ

とりあえず、相変わらずキャベツのボリュームがすごい。

写真だと伝わりにくいかもですが、世間一般の定食でついてくるキャベツの3倍ぐらいはある。

昔、大将に「キャベツの量すごいっすね!」って言ったら、

「普段肉しか喰わねぇんだろ?喰っとけ!」って回答が来た記憶があります(笑)

 

でもドレッシングが美味しい&シャキシャキで甘いってこともあり、

特に苦に思うこともなく平らげることができちゃいます。

これで明日のお通じは心配ありませんな(笑)

 

 

アジフライ

フライは、アジフライ、白身フライ、イカフライの3種が盛られております。

注文受けてから揚げたホヤホヤなので、どれもふんわりサクサク。

旨し!

 

 

出汁で炊いた?白米

ご飯は通常の炊き上げとは違って、やや乳白色の仕上がり。

ラーメン渡邉みたく鶏出汁とかで炊いてるのかな?

水分多めでほんのり甘い感じ。

 

味噌汁はワカメとえのきの味噌汁。

大量に食べたキャベツで胃に溜まった水分に、少し塩分濃いめの味付けが染みる(笑)

 

 

 

ゴチソウサマ―。

 

 

居酒屋さんがやってくれるランチって、ホント打率いいですよね。

800円とは思えない量でかなり高コスパだし。

 

ランチは平日の昼しかやっていませんが、

コロナ禍から始めたお弁当は営業時間であればいつでもOKみたいです。

こっちもリーズナブルだし食べてみたいなぁ。

 

師子の子のテイクアウトメニュー

「千切りキャベツ(別盛)」ってのがちょっと笑える。

店内で食べるのと同じような量が別容器でいただけるのだろうか(笑)

 

 

 

利用するご機会さえあればぜひぜひどうぞ!

したらな!

 


師子の子(ししのこ)

東京都台東区雷門2-7-6 豊田ビル1F

営業時間 11:30~13:30(月~金曜)、17:00~22:00(月~土) 日曜定休

03-3847-5688

浅草グルメカテゴリの最新記事