【ライフハック】交通事故

【ライフハック】交通事故

先日、大津市で衝撃的な事故が起きたのは知ってのとおり。

一児の親である自分にとっても、とてつもなく衝撃的なニュースだった。

亡くなった園児達の冥福を祈るばかり。

 

 

 

 

昔から思ってはいたけど、自動車の危険度に対する認識ってまだまだ甘すぎるよ。

 

 

「便利だけど危険な道具」といえば包丁などの刃物を連想する人が多いと思うけど、

車にくらべればその危険度は圧倒的に低いんじゃないかな。

 

なんせ車ってやつは、1~2トンの鉄の塊が時速何十キロメートルの速度で走っているわけで。

たった一瞬で何人もの人生を終わらせることが可能な鉄の塊。

それらが街中とんでもない数いきかっている。

 

 

しかも、それを扱っているのは人間だ。

人間ってのは、けっして安定していない。

 

中には運転技術が未熟な人もいる。

イライラしたり、考え事をしたりして、注意散漫な人もいる。

判断能力の衰えが自覚できていない高齢者もいる。

 

さらにはスピードを出して暴走している自分に酔っている者もいる。

悪意を持って他人を煽って傷つけるような者もいる。

 

 

 

何かで耳にしたけど、毎年の自動車事故の件数や免許保持者の数から算出すると、

確率的には、全ドライバーのほぼ半分は人生で一度は事故に遭遇する計算になるらしい。

 

 

 

もちろん車の利便性は圧倒的で、生活環境によっては車なしなんてありえない場合も多い。

でもさ、それがどれぐらい危険なモノなのかって認識だけは持ってほしい。

とてつもなく便利で、とてつもない危険なモノ、それが車。

 

 

世の中から不幸な事故が1件でも減りますように。

 

 

 

ライフハックカテゴリの最新記事